日本人のおもてなしの心

日本人のおもてなしの心
日本人の独特のおもてなしの心とは、相手に対する気遣いの心を指します。特に、ゆとりのある玄関や趣ある畳の和室でのおもてなしは、心安らぐひとときとなるかと思います。
よく知られた、一期一会(いちごいちえ)とは、茶道の創始者ともいえる千利休による、茶道の心得に由来することわざです。「もしかしたら二度とは会えないかもしれない覚悟で人と接しましょう。あなたと出会ったこのひとときは、二度と巡ってはこないたった一度きりの瞬間です。だからこそ、このひとときを大切にして、今、できるかぎりの最高のおもてなしをしましょう。」という心意気です。
おもてなしとサービスはよく似ているように感じますが、そもそもの意味と語源が少し異なります。サービスの語源には、奴隷というニュアンスが含まれ、提供される側とする側に主従関係が発生します。お客様が上であり、サービススタッフ側は下なのです。そう考えるとチップやサービスチャージの存在も合点がいきます。
それに対して「おもてなし」は、見返りや対価を求めない自然発生的な対応です。英語のホスピタリティーマインドに近いといえます。家族に接するように、なおかつ相手も自身も楽しむ気遣いが、本当のおもてなしといえるでしょう。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る