蘭草

蘭草
蘭草といえば、畳の材料である「い草」の呼び名として知られています。
い草はイグサ科の多年草であり、正式な和名は「イ(蘭)」です。これは日本の植物の中で一番短い名前だそうです。

い草がよく知られているのは、一般的に畳表に使用されていて生活の中で馴染み深いということがあるかと思いますが、その他にも細長い茎の芯が油をよく吸い上げるので、かつては行灯の灯芯としても使用されていて、「灯心草(とうしんそう)」の別名もあります。
い草は、畳のみではなく、ゴザや帽子、枕の素材としても利用されてきました。その昔より私達の生活の中で欠かせないものとして用いられてきた天然素材といえます。

現在、日本国内におけるい草の主要な産地は熊本県の八代地方です。国産の畳表の多くのシェアをもっており、高品質なものも出荷しています。
その他の生産地としては、石川県・岡山県・広島県・高知県・福岡県・佐賀県・大分県などがあります。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る