畳替え

畳替え
「畳替え」ということばは、畳に関する特別な用語として用いられています。この畳替えは、おおきく三つの種類があります。
畳がデコボコが気になったり、い草のささくれがついてしまったり、畳表のシミや擦れ、匂いが気になる場合にお勧めしております。


<新調>
畳のデコボコが気になりはじめたり、畳と畳のあいだに隙間ができたり、ほつれた糸が出てきてしまったような場合には、新調をお勧めしております。
畳床、畳表、畳縁のすべてを新しくします。

<表替え>
畳表の表面が毛羽だってきたり、日常的な使用による擦れや劣化がでている場合には、畳床はそのまま使用し、畳表と畳縁を新しくする表替えが必要な時期であるといえます。


<裏返し>
現在使用している畳表を裏返しにして、新しい畳縁をつけることをいいます。畳表の状態にもよりますが、使いはじめてから3年から5年くらいが平均的です。


畳は日常生活の中で、直接肌に触れるものですから、定期的なメンテナンスを行って気持ちよく過ごしていただきたいと思っております。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る