縁なし畳

縁なし畳
縁なし畳とはその名のとおり、昔ながらの畳には必ずある「ヘリ」の部分がない畳のことです。坊主畳と呼ばれることもあるようです。
ちなみに近年、正方形の畳を琉球畳と呼ぶことも多いのですが、一般的な畳と琉球畳は別の物です。琉球畳は沖縄を中心に手作業で作られ、沖縄・九州地方で栽培されている「七島イ」を使用したものであり、半畳のタイプだけではなく、通常の一畳のタイプもあります。耐久性が高く、調湿性や消臭性に優れた点もその特徴です。
しかし、縁のない正方形の畳を琉球畳であるという認識がずいぶんと広まっていることも事実としてあります。

メリットとしては、モダンな雰囲気を楽しめることや縁がないことですっきりと部屋が広くみえることなどがあげられます。フローリングとの相性もよいので、リビングから和室がつながっている場合にもよいのではないでしょうか。

畳のサイズを半分にした半畳を縦と横に交互に市松模様になるように敷いた「市松敷き」が人気があり、よく知られているのではないでしょうか。時代による住まいの変化にも合わせて、畳を楽しんでいただけたらと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る