畳の種類

畳の種類
ひとくちに畳といっても、その種類はさまざまあり、用途や志向に合わせて選ぶ楽しみもあります。
まず、一般的な畳といって思い浮かぶのが「縁あり畳」です。縁のある一番馴染みある畳です。畳床、畳表、畳縁の伝統的な構造と形式でつくられています。現代の畳縁は色、柄、素材もいろいろありますので、お好みに合わせてお選びくださいね。

近年、モダン住宅との相性もよく人気のあるのが、「縁なし畳」です。名前としては、琉球畳の呼び名もよく知られています。洋室との相性もよく縁がないため部屋がすっきりと仕上がります。配置するときに畳の目の向きを交互におくことで、美しい市松模様にみえる点も人気の理由です。
洋間が増えている現代の住まいに、気軽に畳を敷くことが可能な「薄畳」という種類の一般的な畳のより薄いタイプのものもあります。バリアフリー化がすすんでいる現在の住環境において、住宅の中の段差をなくすために使われるものもあります。
日本住宅ならではの床の間に使われる「床の間畳」も、通常の畳とは少し趣きが異なります。畳表には龍髭表を使用し、畳縁も特別なものを使います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る