畳の維持

畳の維持
畳はメンテナンスに気を配っていただくと長く気持ちよく使用していただけます。そのため、知っていていただきたい用語として、表替えと裏返しというものがあります。
畳の構造として、畳床が芯の部分で表になるゴザの部分が畳表、縁は畳縁といいます。この中で畳表のゴザの部分は日常的に直に触れて使用する部分なのでもっとも傷みやすいパーツです。ささくれが目立つ畳をそのまま使うのは、すっきりしないのではないでしょうか。

通常、新しい畳を使いはじめて3年から5年ほどたつと、畳表の日に焼けたところや擦り切れた部分が気になってきます。畳表はリバーシブル構造になっておりますので、そのときは「畳の裏返し」をオススメします。畳表をひっくり返して貼りなおす工程を行うことで、快適な状態をもう一度保つことができるのです。
表替えとは、裏返しをした畳表の傷みが気になりはじめたときに、使用されてみえる畳床をそのまま使用して畳表を新しくとりかえることをいいます

表替えや裏返しの際には畳縁も新しいものに取り換えることが一般的ですので、よりいっそう気持ちも一新されます。畳のある住まいで常に気持ちよく過ごしていただけるように、定期的なお手入れを行っていただけたらと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る