一帖

一帖
部屋のサイズについて話をする時に、「じょう」という単位を使います。この部屋は8じょうなんですよ、などといいます。漢字で書くと、帖であったり畳を使ったりもします。この単位ですが、使い分け方があるのか気になったことはありませんか。

まず、1帖のサイズは畳一枚分です。日本の住まいは和室が基本であったので畳のサイズで部屋の大きさを表していました。6畳間といえば畳6枚分の部屋、約10平方メートルになりますが、洋風の住まいが増えた現在であっても、イメージとして6畳間と言った方がしっくりくる方のほうが多いのではないでしょうか。

そして、漢字の使い分けについてですが、もともとは畳を基準とした和室のサイズを表していたので、一畳と表記されていました。しかし住まいの洋風化に伴い、家屋の中で洋室も増えるにつれてそれでは、和室か洋室か分からずに混乱してしまうということで「帖」の字が使用されるようになりました。
サイズを示す意味としては同じですが、洋室は帖の字を使用し、和室は畳の字を使用すると使い分けをする方もみえますし、すべて帖の字を使われる方もみえます。

ちなみに、地方により畳一枚のサイズは異なりますが、に部屋の大きさを測るときは1帖イコール1.65平米で計算をするのが今日では、一般的です。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る