茶室の畳の名前

茶室の畳の名前
茶室とは、亭主が客を招いてもてなしのためにお茶を点てる空間のことです。亭主がお茶を点て、客がお茶をいただく空間のみが茶室といわれることが多いのですが、茶室は庭(露地)も含めて茶室に付随し、それに関わる建築全てを茶室であるという考えかたもあるそうです。
茶室・建築の中でも重要な役割を持つのが畳ですが、その茶室の畳には、名前がついているのをご存じでしょうか。

茶室の敷く畳は、炉の構え方に関係するので、炉の位置によって畳の敷き方が決まってきます。そして、畳の敷かれる位置によってそれぞれに名前がつけられています。
・「床畳」 床に用いる畳
・「貴人畳」 床の前に敷く畳
・「客畳」 一般のお客様が座るところに敷く畳
・「踏込畳(ふみこみだたみ)」 茶道口に接して亭主が茶事の際に踏み入る畳
・「点前畳or道具畳」 点前を行うところの畳
・「炉畳」 炉の切ってある畳


また茶室は、四畳半茶室を基本としています。それに、四畳半以上の平面をもつ茶室を広間といい、四畳半以下のものを小間といいます。四畳半は小間と広間の両方に用いられています。
小間といいますのは、四畳半、長四畳、深三畳台目、平三畳台目、三畳、二畳台目、二畳、一畳台目の8種類の席が基本型としてあげられます。(この他に中板敷き、向板敷き、半板敷きなどの変形もありますが、これらは除きます)
一般的には広間といえば、多くは八畳までをいいますが、広域には四畳半、六畳、七畳、八畳、十畳、十五畳をいいます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る