京間とは?畳のサイズの違いをご紹介



畳張替えはまごころ畳へ > コラム > 京間とは?畳のサイズの違いをご紹介

京間とは?畳のサイズの違いをご紹介

関西から関東へ引越された際、「何だか畳の部屋が狭く感じる…」と思った経験を持つ方も多いのではないでしょうか?
実際、畳は同じ日本でも、各地域によってサイズに違いがあります。
また、畳は「京間」という基準尺を使ってサイズが決められています。
そこでここでは、京間の意味や、同じ日本であっても地域によって畳のサイズに違いがある理由や、それぞれの地域における畳のサイズについてご紹介します。


■「畳」は日本人だからこそ馴染みのあるもの

畳は、私たち日本人に馴染みのあるい草を使用し、和室に利用するものです。
近年、畳を使用した和室を設けない設計とするマンションなども増えています。
しかし、やはり日本の歴史の中で、畳はとても愛されているもののため、現在も戸建やマンションの一室に設計されるなど、日本人としても必要不可欠なものだと考えられています。

畳は現代のフローリングとは異なり通気性が良く、傷つきにくいため、高く根強い人気を誇っています。


■京間 (きょうま)とは西日本で各部屋を設計する基準尺

「京間」とは、関西を中心とした西日本の広範囲において各部屋を設計する基準尺の意味を持ちます。
また、その基準尺は、柱割りの場合、6.5尺の縦197cm×横0.96cmとなり、畳割りの場合は6.3尺の縦191cm×横0.96cmとなります。

これは西日本の基準です。

一方で東日本においては、「田舎間」と呼ぶ6尺の縦182cm×横87.9cmが基準となり、京間も田舎間も江戸時代からこれらのサイズの畳を利用していました。


■日本各地方における畳のサイズをご紹介

ここからは、日本の各地方においてそれぞれに異なる畳のサイズをご紹介します。

・関西は「京間(本間)」

関西は京間のため、畳のサイズは縦191cm ×横95.5cmとなります。
関西地方の畳のサイズは他の地方と比較しても最も大きいと言えます。

・関東や中京地方は「中京間」

関東は中京間のため、畳のサイズは182cm ×91cmとなります。
関西地方と比較しても圧倒的な大きさの違いから、関西から関東や中京地方へ引越された場合は畳の部屋が狭く感じるでしょう。

・中部地方は「六一間」

中部地方は六一間のため、畳のサイズは縦185cm×横92.5cmとなります。
岡山県や広島県、山口県の山陰地方の畳サイズが六一間です。

・北海道や東北地方は 「江戸間」

北海道は江戸間となり、畳のサイズは縦176cm ×横88cmとなります。
京間や中京間よりも少し小さいサイズになりますが、近年、江戸間を広く使用することが多くなり、畳のサイズは江戸間が主流となることも考えられます。

・沖縄は「琉球畳」

沖縄は琉球畳が広く使用されています。
琉球畳は長方形の京間や中京間、六一間、江戸間などと比較しても形そのものが正方形となるため、見た目のサイズも異なります。
琉球畳のサイズは82cm×82cmの他、88cm×88cmを基本のサイズとして利用されています。


・団地間(五六間)
アパートやマンションなどの集合住宅においては、これまでご紹介した畳の大きさとは異なり、最も小さいサイズとなる、縦170cm×横85cmとなります。

■なぜ地域によって畳の種類や大きさが違うのか

畳の種類がなぜたくさんあるかと言うと、理由が2つあります。
1つは畳のサイズを1間とする際の寸法が変わったためです。
本来、畳は、古く太閤検知時代、6尺3寸のものが、江戸時代には6尺と短くなり、そのために必然的に畳1枚の寸法が小さくなったからです。

そしてもう1つは、関西において家を建築する際は、畳の大きさを基準として建築する畳割りの方法を採用していました。
一方で、関東において家を建築する際は、家を先に作った後に柱間となる内側に畳を敷き詰める柱割りの方法を採用していました。
そのため、柱の太さを考慮した上で設計を行うことで、自動的に畳1枚分の大きさが小さくなるなど、関西と関東で大きく差が生じたものと考えられています。

そしてその後は、中部地方においては「六一間」が、関東や中京地方は「中京間」、北海道や東北地方は 「江戸間」、沖縄は「琉球畳」、関西は「京間(本間)」が採用されるようになりました。


■畳のサイズの違いを知って住む地域の知識を得ておこう

畳のサイズは同じ日本でも各地方によってサイズに違いがあります。

そのため、例えば関西から関東へ引越した際は、畳のサイズがそもそも違うために部屋が狭いと感じることもあるでしょう。
また、引越の退去時、及び入居時などは畳の修繕が必要になることもあります。
まずは引越し先の畳のサイズを把握しておきましょう。





サイトマップ
>TOP  >充実のサービス  >コラム  >メールフォームによるお問合せ 
>商品のご紹介
 >畳《裏返し》
 >畳《表替え》
 >畳《新調》
 >襖表替え
 >障子張替え
 >網戸張替え
 >リフォーム
>対応エリア
 >愛知県
 >岐阜県
 >三重県
 >静岡県
 >神奈川県
 >東京都
 >埼玉県
 >千葉県
 >茨城県
 >栃木県
 >群馬県
 >山梨県
>お客様の声
 >畳新調(お客様の声)
 >畳表替え(お客様の声)
 >畳裏返し(お客様の声)
 >襖表替え(お客様の声)
 >障子張替え(お客様の声)
 >網戸張替え(お客様の声)

>営業所紹介
 >名古屋営業所
 >三島営業所
 >厚木支店
 >千葉支店
 >埼玉支店
 >東京営業所
 >前橋営業所
 >水戸営業所
 >宇都宮営業所
>会社案内
 >担当スタッフご紹介
 >よくある質問Q&A
 >会社概要
 >プライバシーポリシー

>企業様向け情報
 >アパートの大家様
 >工務店、企業の皆様
 >旅館・ホテルの皆様
 >棺敷畳(やすらぎ)
信頼と実績のお店 まごころ畳
 まごころ畳[本社]
 〒440-0071 愛知県豊橋市北島町中川原147-1
 TEL:0532-21-6660(代)
 まごころ畳[名古屋営業所]
 〒452-0943 愛知県清須市新清洲2 丁目5-1-101
 TEL:052-401-2220(代)
 まごころ畳[三島営業所]
 〒411−0824 静岡県三島市長伏50-3
 TEL:055-984-3200(代)

 まごころ畳[厚木支店]
 〒243-0807 神奈川県厚木市金田90-1
 TEL:046-296-5100(代)
 まごころ畳[厚木第二工場]
 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1429
 TEL:046-245-6195(代)
 まごころ畳[千葉支店]
 〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町2丁目12-5
 TEL:043-214-3400(代)

 まごころ畳[埼玉支店]
 〒339-0078 埼玉県さいたま市岩槻区掛570-1
 TEL:048-812-7692(代)
 まごころ畳[埼玉第二工場]
 〒339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野4丁目1-8
 まごころ畳[東京営業所]
 〒167-0035 東京都杉並区今川1-18-17
 TEL:03-6913-9571(代)

 まごころ畳[前橋営業所]
 〒371-0846 群馬県前橋市元総社町946-5
 TEL:027-289-3634(代)
 まごころ畳[水戸営業所]
 〒310-0905 茨城県水戸市石川4丁目4043-26
 TEL:029-239-3277(代)
 まごころ畳 [宇都宮営業所]
 〒321-0924 栃木県宇都宮市下栗1丁目4-4
 TEL:028-688-0351(代)


Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る