和室と畳コーナーについて

和室と畳コーナーについて
現代では、家を建てる際に和室ではなく畳コーナーを住まいの中に作るという方も多くいらっしゃるかと思います。
子供のお昼寝場所や遊び場として、アイロンをかけたり洗濯ものを畳んだりする家事のスペースとして、住まいの中で気分転換をする癒しの場所として、来客時の応接スペースとしてなど、さまざまな使い方が考えられます。

畳コーナーとは、フローリングのリビングやダイニングの一部に設ける畳のスペースを指します。畳の下を収納にしたり、腰をかけたりする場所として使うことが多く想定されるため、フローリングよりも高く設けられる事が多いのですが、将来的にバリアフリーの住まいを希望したり、小さいお子様がみえる場合の怪我などが心配な場合に、床と同じ高さで作られる事もあります。
和室と畳コーナーの違いについては、4.5帖くらいからは和室と呼ばれ、それ以下の広さが畳コーナーと呼ばれる傾向にあります。また、和室は壁などで部屋が区切られていて独立した一つの部屋になっていますが、畳コーナーは部屋の一部分に設けられています。

和室と畳コーナーの奥行きの違いは1mくらいですが、実際に過ごす時のイメージをしっかりと持って、間取りを検討した方がよいでしょう。なぜならば畳コーナーでは、寝る場所として考えると少し狭いのです。布団のサイズは畳1帖よりも大きいので、通常の畳コーナーですと布団を1枚しか敷けません。ですから、その場合は板間を少し作る事で奥行きを広げると快適に過ごせるでしょう。

畳のある生活はよいものです。ぜひ日常の中で、い草の香りや畳の肌触りを感じられる暮らしをお楽しみくださいね。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る