和服で訪問する際のマナー

和服で訪問する際のマナー
普段あまり着なれない着物で出かける、お正月に挨拶まわりなどで、ぎこちない動作にならないためのポイントです。着物では、足をくずすことのできないためしびれも気になりますが、足袋のこはぜを1つ外しておくと予防になります。
ショールを着ける際は、二つ折りまで広げます。片手で後ろにまわして、両手で各々のすみを持ち片方づつ、すべらせるように肩に掛けます。ゆったりと合わせて、衿あしがきれいに見えるように。また、ショールを外す際は、両方の方から後ろに滑らせてゆっくりと片側ずつ後ろに下ろします。両方の手でひとつにまとめて四つ折か八つ折にしましょう。
着る時も外す時もゆっくり落ち着いて脱ぎ着すると、スマートにみえます。動作が大きくならにように気を付けてくださいね。荷物は玄関に置かせてもらいましょう。

和室に通されたら敷居や畳のへりを踏んだり、手をついたりしないように心配りをしましょう。隅に座って、まず、あいさつをします。上前が皺にならないように、押さえながら座って手をついてあいさつを述べてからおじぎをします。おじぎは、上半身を30度くらい倒します。
手みやげをふろしきで包んでいれば、開けてふろしきをたたんで横に置きます。紙袋に入っていれば、取り出して、品物は相手に正面を向けて渡します。
座布団に座る時は、着物の裾を両手で10センチ位 持ち上げ、上前を伸ばしながら座布団の手前の端にひざを先につきます。両方の手を少しだけ前について支えながら、膝で中央までにじるように進み、正座します。この時座布団を踏んだり、裏返したりするのはタブーとされています。
座布団の左側の畳の上であいさつを済ませた後に、すすめられてから座布団をあてるのが基本となります。

和室での席順は、床の間がある場合はそれを背にした席が最も上座です。その次は、床棚(床の間の隣の違い棚)の前の席となります。
床の間がない場合は、洋室と同じように出入り口から遠いほど上座です。出入口の近くになるほど下座です。座る位置や座布団は、すすめられてから従います。勝手に座るのは洋室同様マナー違反となってしまいます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る