畳の部屋でのお茶の出し方

畳の部屋でのお茶の出し方
お客様がいらっしゃった際のおもてなしとして、お茶を出す時のマナーについてですが、特に畳のある和室の場合には、失礼のないようにお茶をスムーズにお出しするための準備が必要となります。一連の流れをご紹介します。

まず、訪問されるお客様の人数に合わせて、湯呑と茶たく、そしてお茶菓子とおしぼりをお盆の上にセットして用意して置きます。また、お通しする部屋にも必要なものを置いておくとよいです。茶葉やお湯、茶こぼしといったもの一式です。
そして、お客様がいらしたらまずお部屋に通し、上座の席に案内をして、お茶をお出しする準備をします。
そして次に、お部屋に入る際のマナーが大切になります。まず、お盆にお茶と茶たくを別々に置き、そしてお茶菓子とおしぼりを載せお部屋の前まで運びます。そして、ふすまの前で正座をし、お盆を一度畳みの上に置いてから両手でふすまを開けます。次に、最初にお盆をお部屋の中へ入れ、膝を滑らせながらスムーズに入ります。お部屋へ入り終わったら、座った状態のまま身体を斜めにひねり、ふすまを静かに両手で閉め、お盆を持ち立ち上がり下座へ行き座ってから畳みの上にお盆を置きます。ここまでが、失礼のないお部屋に入る時のマナーになります。
次に、お客さんにお出しするお茶の出し方です。
畳の上に置いてあるお盆を、テーブルの近くまでよせ、最初におしぼりをお客さんの使いやすい位置に置き、次にお茶菓子をお客さんから見て左側に置きます。そして、お茶を茶たくに載せ右側へ置きます。
後は、約30分から40分程度過ぎたら、まだお茶が残っていても新しい物へ入れ替えるのが基本です。また、違う飲み物に変えるのもよい方法です。
お客さまへの心配りを忘れずに、気持ちよく過ごしていただけるとよいですね。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る