畳床

畳床
畳床の読み方は「たたみどこ」です。畳の構造としては中の芯部分にあたるパーツのことをいいます。昔からの基本的なつくり方をしては藁が使用されており、作り方としては、それを縦横にならべたものをしっかりと糸で締めたものをいいます。
乾燥させた藁を圧縮して縫い留めたものを、5センチほどの板状に加工するのが従来からの製造方法で、それは藁床(わらどこ)と呼ばれています。藁床は、ほどよい弾力性と保温性、室内の調湿作用などの機能をもっています。
大きな畳針で畳を縫う、昔からの畳屋の風景としてイメージされるのは、この畳床を縫う工程ではないでしょうか。

従来からの藁素材の藁床に加えて近年では、ポリスチレンフォームなどを乾燥した藁で挟んだ稲藁サンドイッチ畳床もあります。藁の畳床の良い点や特性を持ちつつ、軽くて保温性が高い点もメリットとしてあります。
また、建材畳床というポリスチレンフォームやタタミボードでつくられた畳床もあります。工業製品を主原料としていることから品質が均一で安定している点からも、広く流通しており、その軽さからもマンションなどの高い建物によく使用されています。

畳床は、日常的にが触れる部分ではありませんが、畳の構造上見えないからこそ大切な部分であり、定期的なメンテナンスを気にかけていただきたいパーツなのです。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る