畳床の種類

畳床の種類
畳床とは、畳の構造の中で畳の芯となる部分のことで、主なつくりとしては、藁を重ねて麻糸等で締めたものをいいます。読み方は、「たたみどこ」です。
かつては畳床といえば稲藁でしたが、近頃ではいろいろな素材でつくられた畳床もあります。主なものとしては、昔ながらの藁床、中にポリスチレンフォームを挟んだ、サンドイッチ畳床、建材畳床があります。

伝統的な藁畳床は、作る側の技術がその品質を左右します。使用する上で藁のもっている吸放湿性は日本の気候に合った室内環境の調整に適しています。現在では、高級な畳床ともいえます。
サンドイッチ畳床は、稲藁のと稲藁の間にサンドイッチのようにポリスチレンフォームを挟んだものです。藁畳の風合いをもちながらも軽いことから、取り扱いのしやすさが特長です。
建材畳床は、建材のみでつくられた畳床です。最も軽いことや低コストであることから集合住宅等で多く使われています。

畳床も種類によりそれぞれの特徴がありますので、ご利用の環境やお好みに合わせて選んでいただけたらと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る