畳目

畳目
畳目とは、畳表の編み目のことをいいます。畳の目ともいいます。イグサが詰まっている場所を目といい、畳の山と呼ばれるのがふくらんでいる部分です。畳表はイグサを織ってつくられるのですが、この織がしっかりとして密であれば見た目が美しい畳であるといえます。目が詰んでいると、まっすぐな線と立体感が感じられます。

畳の目の数を気にされたことはありますでしょうか。縦 176センチ× 横 87.8センチの江戸間は58目で、縦 191センチ× 横 95.5センチの京間は63目です。両方とも標準の目の寸法は、1.51センチです。
茶道の茶道具の配置も、畳の目と膝の線が平行のケースであれば、畳の縁から16目に座るとか、16目に棚を据えるなど目の数で数えられています。

慣用句として、畳の目を読むという言葉があります。手持無沙汰ですることがなく退屈しているさまのことを畳の目の数を数えているしかすることがない。という意味です。また、うつむいて黙って下を向いている様子にも使われる言葉です。
昔ながらの和室でうつむいたときに、最初に目にはいるのが畳であるという、共通のイメージを前提とした言葉といえます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る