イグサとは

イグサとは
畳に使用されるイグサ(藺草)は、単子葉植物イグサ科の植物です。別名は、燈芯草(トウシンソウ)といいます。生物の種などの日本語での正式な名称である標準和名は「イ」です。もっとも短い標準和名として知られています。俳句では、夏の季語とされています。
湿地や浅い水の中に生える植物で、泥の中に根を張ります。その姿は、先の尖った細い茎ばかりが束になったような形状をしています。この針状のものは、実際には花茎です。茎は地下茎になっていて、泥の中で短く這います。たくさんの花茎を地上に伸ばします。葉っぱは、その基部を包む短い鞘状に退化しているため、パッと見ただけでは、ないように見えます。花茎は緑色でつやがありすべすべしています。そして円形状でまっすぐに伸びます。
花茎のとちゅうから横に出ているように見えるのが、花です。これは花が出る部分までが花茎で、そこから先は花序の下から出る苞にあたるためです。イグサの場合、苞が花茎の延長であるように伸びる方向も太さも連続しているので、花序が横を向いているのです。
花は緑色でごく目立ちません。花序は短い柄をもった花がたくさんつきます。カヤツリグサ科やイネ科は、よく似ているといわれますが、それらのものとは違いふつうの花です。よく観察してみると、6枚の花被があります。花被は三角形で先がとがっていて、開いている時は星のかたちに見えます。
花被には、果実が熟しても落ちないで、その基部をつつみます。それはタコのような姿です。果実には細かい種子がたくさん入っています。

またよく知られているようにゴザや畳表は、イグサの茎で作られます。かつては、ちまきを笹でくるむ時に結わえるひもとしても用いられていました。またこのイグサの茎は枕や帽子の素材としても利用されます。その際に使用されるのは、栽培用の品種でコヒゲと呼ばれるものです。特徴としては、野生種よりも花序が小さい点です。これらは水田で栽培されます。
別名であるトウシンソウとは、漢字で書くと「燈芯草」の意味です。昔、油であかりをとってていたころに、この花茎の髄を燈芯として使ったことに由来しています。現在でも和蝋燭の芯の素材として使われています。
このように、イグサは常に私たちの暮らしの身近のあり、生活に欠かせないものとして現在まで利用されているといえます。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る