帖と畳

帖と畳
部屋の大きさを表すときに使う単位の「じょう」ですが、帖・畳という二種類の漢字が使われています。
日本の住まいは元々は和室があることが主流だったので、畳一枚分の大きさである、じょうという単位で、部屋のサイズを表していました。10平米の部屋と6畳間の部屋は、同じものですが、どちらがしっくりくるでしょうか。
4畳半であれば、畳4枚と半分。6畳間であれば、畳が6枚分の大きさという意味で、この言い方が大きさのイメージがしやすかったからだと思われます。

そして、帖と畳の漢字の使い分けについてですが、その由来として畳のサイズが基準になっていることから、「畳」の字が用いられていましたが、時代の流れによりフローリングや洋室が増えてきたことにより、和室と洋室を混乱しないように、「帖」の漢字も使用されるようになってきたようです。

ちなみに、畳の大きさは全国共通というわけではなく、地域などにより異なるのですが、部屋の大きさを測るときには、一帖を165平米で測るのが一般的です。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る