畳の日

畳の日
春と秋にある、年に2回の畳の日をご存じでしょうか。まず春は、かつてみどりの日とされていた4月29日です。これは、畳に使用されるイグサが、きれいなみどり色であることに由来します。秋の畳の日は、9月24日です。これは、9月24日が清掃の日である、環境衛生週間のはじまりの日であることに由来します。

畳の歴史は古く、時代に合わせて進化をしてきた日本ならではの敷物です。高い吸湿性をもっているため、住まいの中の湿度を調整してくれます。熱い夏は、熱がこもらずにひんやりとし、寒い時期にはあたたかみのある畳がおかれた部屋は、穏やかに過ごすことができます。

高度成長期においては、畳の需要もおおきく伸びましたが、生活スタイルの洋風化と同時に減少傾向がみられました。しかし、畳のある部屋や畳コーナーのある間取りは、現在の生活スタイルに合わせて求められているというデータもあります。
畳のよさを知っていただき、快適な暮らしのお手伝いをさせていただけるよう、畳の日にはお知らせしていきたいものだと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る