畳と床座

畳と床座
床に直接座る生活スタイルのことを床座といいます。多くの方は、畳のある部屋で食事をとったり、寝転んだりといった日本の伝統的な生活様式をイメージされるのではないでしょうか。
日本は古い時代から椅子や寝台を使用せず直接、床上で生活する床座の様式をとってきました。このことにより、畳を筆頭とする日本独特の建具や家具がうまれてきたといえます。

現代の住居においても、床に座るスタイルのメリットしてあげられるのが、部屋を広く柔軟性をもって使える点です。メインのローテーブルは使わないときは、移動させることも簡単です。また、畳の部屋であれば椅子がなくてもどこでも座ることが可能なので、来客が多いときであっても困らずに対応ができます。
また、畳のある部屋ならではの楽しみとして、こたつの存在もあります。寒い季節にあたたかいこたつと鍋がある風景は、どこかほっとしますね。また、最近ではスタイリッシュなデザインのこたつもありますので、それらを現代の住まいで取り入れることも、ハードルは高くないといえます。

また、イスやテーブなどの脚があるものが少ないことから掃除のしやすさも床座の暮らしのメリットといえます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る