板入

板入
畳を使用している間に、普段よく触れる部分や経年によりその形状が変化してしまうことはイメージできるかと思います。

その中で、板入畳とは、畳の短い辺に板を縫いこむことで、角がまるまって形が崩れることを防いだものをいいます。畳床の耐久性を高める意味もあります。
畳をつくる時に、主に稲藁でできている畳床をそらして、畳の表をしっかりとひっぱって縫い付けます。そのときに、角にあたる部分におおきな力がかかるため、次第にきれいな角も丸みを帯びてきてしまったり、長さが縮んだりしてしまうのです。これを防ぎ、角が美しいフォルムの畳を維持するために、畳床のはしに板を縫いこむ作業を行うのが「板入畳」なのですが、板と藁の部分をなくして仕上げるには、高い技術と時間を要します。
畳の使い心地はもちろん、見た目の美しさにも重きをおいているという点で、モノづくりにかける、細やかなこだわりや歴史を感じる畳だといえると思います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る