畳作りの道具

畳作りの道具
畳作りにおいて、近年機械化が進んでいるといえども、全体の調整や細かい仕上げの部分などについては熟練の職人の手作業の技術が必要とされ続けています。
長い歴史の中で使用されてきた、畳作りならではの道具には、さまざまなものがあります。


「畳針」
さまざまな長さのものがあり使い分けをします。畳の床や縁を縫い付ける際に使用する太い針です。

「マチバリ」
表を固定する際に使用します。裁縫用のマチバリとは大きさが全く異なります。

「かぎ針」
畳をあげる際に差し込んで引き上げる道具です。

「手当て」
畳用の太い針を刺す時に手を傷つけないように使用します。中に金属の板などが入っており、畳屋の職人は自分の掌の大きさにあわせて自分で手当てをつくります。

「金槌」
縫い口を締める際などに使用します。

「ヘリシキ」
ヘリを縫い付けるときの仮押さえなどに使用します。

「畳包丁」
床や表を切るのに使用します。丁寧に手入をして研いで使うため、大切に長年使われたものは小さくなっています。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る