畳のメンテナンス

畳のメンテナンス
畳ができるまでの工程と共に、気持ちよく使い続けていただくために必要な畳のメンテナンスとして、表替えと裏返しがあります。
基本的な畳の構造として、芯の材料としての畳床に表となるござの部分の畳表、そして縁の部分の畳縁があります。畳は、芯部分である畳床をイグサで編んだ畳表で包みこんであるのです。表替えと裏返しは畳の芯である畳床に縫着を再度行います。畳縁の場合は、新しいものを縫着します。

この畳を構成するパーツの中でもっとも傷みやすいのが畳表です。畳表のゴザ部分は常に触れて使用する部分なのでメンテナンスに気を配っていただきたい場所なのです。ささくれだった畳をそのまま使用し続けるのは気持ちがいいものではありません。

通常、新品の畳を使用して3〜5年ほど経過すると畳表の日焼けや擦り切れた箇所が気になってきます。このようなときは「畳の裏返し」をおすすめします。畳表はリバーシブル構造で両面を使用することができるつくりになっています。畳表をひっくり返して畳床に貼りなおすことで、キレイな状態を再び保つことができます。畳の状態にもよりますが、一般的な目安として2〜3年以内であれば十分に青々した畳表にリフレッシュできるのではないでしょうか。5年以上経過した畳表は部分的に変色しているケースもありますので「表替え」をおすすめします。

表替えとは、裏返しをした畳表が傷んできた場合に使用している畳床をそのまま活かして新しい畳表に取替えをすることをいいます。だいたい3〜5年目頃に行う方が多いです。
通常、裏返しや表替えの際に畳縁も新しく取り替えるので、気分も一新されるのです。

畳づくりの工程をご理解いただき、メンテナンスの作業を行っていただくと長く気持ちよく畳のある暮らしを楽しんでいただけるのではないかと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る