い草の準備

い草の準備
年の瀬が近くなってきますと、年末の一大イベントである大掃除のことが気になるお家も多いのではないかと思います。
そしてこの季節は、畳の材料となるい草づくりの準備の時期でもあります。例年11月から12月にい草の苗の植付作業が行われます。あたたかくなる春先から夏にかけて、茎の成長期を迎えるためには、この寒い時期に土の中で根を張ることが大切なのです。植付作業の後の約90日ほどは、草の見た目の変化はほとんどありませんが、見えないところで着々と成長の準備を行っているのです。

そして、気持ちよい毎日のためにこの時期に行う大掃除ですが、畳のある和室のお手入れ方法にはコツがあります。まず、掃除機を使用する時はパワーを弱くして畳の目に沿うようにしてゆっくりとかけます。その理由としては、畳の目の横から掃除機をかけてしまうとゴミや埃がとれにくく、畳自体を傷つけてしまうからです。そしてしっかりと掃除機をかけたあとは乾拭きをします。汚れがひどい場合は固く絞った雑巾で拭きますが、基本的には濡れた雑巾で拭くとカビの原因にもなりますし畳の光沢が失われてしまうこともあるからです。
カビが発生しないためには充分に換気をすることが大切です。畳は湿気を吸収しやすいので、空気の流れが滞ってしますとカビの発生につながってしまうのです。

余裕があれば、余分な湿気を畳からとるためには畳干しの作業もやっていただきたいところです。畳の裏面を太陽の光にあてて埃をたたき出します。畳を干すことが難しい場合は、畳を持ち上げて風を通すだけでもずいぶんとすっきりするのではないかと思います。

次の年を気持ちよく迎えるためにも、年の瀬には準備をしっかりと行っていきたいと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る