畳の寸法

畳の寸法
私たち日本人の身体のサイズや暮らしの中からうまれた尺貫法は、日常の生活スペースである建築物の寸法基準として使用されてきました。
ちなみにメートル法は、北極点から赤道までの子午線弧長の1000万分の1を1メートルとして定義しており、地球の大きさから割り出されているのです。

尺度のもともとの基準は、手を広げた際の親指の先から中指の先までの長さを一尺としたことに由来します。
ちなみにシャクガ科のガ類の幼虫を尺取り虫(しゃくとりむし)といいますが、移動する際に屈伸する様子が人差し指と親指で物の長さである「尺(しゃく)」を測る動作に似ていることが語源とされています。

そして、日本でうまれた単位である「坪」についてですが、畳の一枚が人がひとり寝る事が出来る面積であり、畳二枚が一坪と呼ばれる建物や敷地の広さを表す単位である一坪です。この事からも畳が日本人の暮らしに長く深く関わってきたことが分かります。
住宅においては、畳から柱と柱の間隔で間取りが決まりますし、建具である障子や襖のサイズもそれに準じています。このことからも建築物において、畳がそもそものモジュールの基本といえます。部屋の大きさを6畳・8畳・12畳という呼び方をするのも慣れ親しんだ分かりやすい名称ではないでしょうか。


<参考資料:尺貫法の長さの単位>
1尺 30.3cm
1寸 3.03cm
1分 0.30cm
1厘 0.03cm




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る