畳床の材料

畳床の材料
通常では目にすることのない畳の芯にあたるのが畳床といいます。この畳床は畳の性能を左右するおおきなポイントとなる部分です。
その種類はといいますと、むかしからある稲わら畳床、現在広く流通している建材畳床、そしてその中間の稲わらと建材をサンドしたものがあります。

稲わらの畳床には、その重量感と優れたクッション性といった昔ながらの良さがあります。
こちらは、積みあげると40センチをこえるような大量の乾燥わらを5センチほどの厚さになるまで圧縮してつくります。この工程により畳床が多くの空気を吸いこむことで、高いクッション性と断熱効果をもたらすのです。むかしからの畳ならではの自然な足ざわりは、この素材と制作方法によるものです。
この稲わらの材料であるわらを使用するためには、稲の刈り取りを基本的には手作業で行う必要があります。なぜならば、一般的な機械で刈り取りを行うと、収穫時にわらとして使用したい部分である稲を痛めてしまうからです。そのため、稲わら畳床は現在では貴重な材料を使用した高価なものとなりつつあります。

また、建材畳床は、断熱性能も高く、虫や湿気にも強く衛生的であるとして広く普及しています。マンションなどの畳下の床材がコンクリートの場合は特に適しているといえます。
中間の稲わらと建材をサンドしたタイプにつきましては、軽量で保湿性が高く、稲わら畳床らしさも持ち合わせています。

このように畳床にもそれぞれの特色がございます。住まう方の現在の環境に適したタイプの畳床を選んでいただき、「畳」のある生活を楽しんでいただければと思います。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る