押入れ・収納

押入れ・収納
日本の住宅や和室において、押入れとは、寝具・衣類・道具などを収納するための空間をいいます。多くは四方のうち三方が壁で一方をふすまで仕切ってあり、そこから荷物の出し入れをします。多くは部屋の一方の壁全体をその入り口にします。押込み(おしこみ)という呼び名もあります。

中板を設け、上下の二段構造にして普通、布団は上の段に収納します。下の段には使わないで家具を入れたり、衣服をケースに収容した上で格納する。スペースが大きいので、直接にこれにいろいろなものを詰めるのではなく、大きい容器に入れてそれを押し入れに入れるやり方が多いかと思います。

現代では、さまざまな押し入れ収納用の衣服収納器具が販売されています。普段使用しないものを収納する場合、多くは納戸を利用します。納戸が居住スペースとしても使用できなくはない構造を持つのに対して、押入は、完全に物品収納のためのスペースでありながら大きな容量をもっています。そのため寝るだけなら可能ですですが、奥まったところにあることから、湿気がこもりやすく、結露しがちな点があげられます。湿気対策としては、簀の子を敷くなどの方法が広く知られています。
またクローゼットとは、押入れのような衣類をしまう洋風の空間や、たんすのような衣類をはじめとしたさまざまなものをしまうための洋風の収納家具をいいます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る