部屋の湿気対策

部屋の湿気対策
湿気が部屋の中にこもって増えてしまう原因としては、大気中の水分が多くなってその場にとどまってしまうこと。湿気が原因で水っぽくなってしまったり、ひどい場合にはカビが発生してしまいます。
かつての日本家屋は、襖や障子を用い建物には木材を使ったので換気がよく、空気が常に移動している状態でした。夏は涼しく冬は寒かったといえます。
現代の建物は気密性がよいため、すきま風が入りにくく空気が逃げづらい造りになっていることが多いのです。これは高温多湿の気候に対応しづらい造りといえます。そのため湿気対策を意識的に行うことが、住まいを長持ちさせ建康な暮らしをおくるためにも大切となってきます。

<換気>
押入れやクローゼット、玄関の靴箱など湿気が気になる場所は、晴れた日には扉をあけて換気を心がけましょう。

<換気扇>
浴室や台所の換気扇を動かしておくと家の中の空気が流れやすくなります。

<エアコンの仕様>
エアコンが設置してある部屋であれば、除湿をおこなうと効果があります。カビが発生しやすくなるのは、部屋の湿度が70パーセントを超えるような湿気がひどい場合です。除湿モードを効果的に使ってくださいね。

<押入れ>
物を入れこみすぎると湿気がこもりやすくなります。物をいれる時は下にすのこや新聞紙をひいたり、壁にすきまを5センチ以上あけて下さい。扇風機を使用して、中の空気が流れるようにすることも大切です。

<下駄箱>
温度が低い玄関は湿気が多くなりやすいのです。湿気がこもりやすい下駄箱は特に換気を心がけてくださいね。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る