畳が雨に濡れてしまった時

畳が雨に濡れてしまった時
窓を開け放していた時などに降りこんだ雨で和室が濡れてしまった場合、見た目よりも多くの水分を畳が吸収していることが考えられます。
この場合は、大きめのタオルを用いてしっかりと押さえることを何度か繰り返してください。この地点でよく水を吸いとっておくことがポイントです。
そして、畳床まで水が届いている可能性も大いにありますので、カビを抑えるためにも十分に乾燥させてください。水分が残ったままになっていると、畳の痛みの原因ともなります。
畳の表面は風の通りがあればすぐに乾きますが、畳の中というものは、意識して乾かさなければ湿った状態が続いてしまいます。そして乾燥を怠りますと、カビや腐食の原因となります。窓を開けてしっかりと風を入れて乾燥させてください。
梅雨時の湿度が高くジメジメとした時期も、同じような悩み事が考えられますので、時々は畳を起こして床下も確認してくださいね。
カビ対策に関しては、対策と予防を日常的に行っていれば快適な状態を維持できます。まずは固めのブラシやほうきで畳の目に沿って掃き出します。畳の目の中にカビがある場合は、こうすることで、汚れを浮かせて表面に出します。その後に掃除機をかけますが、排気が出るタイプの掃除機であれば、窓を開けて換気をしながら掃除機をかけます。可能であれば、カビの胞子を部屋の中に巻き散らかさないように、排気の出ない掃除機がオススメです。
そして、掃除機かけが終了しましたら、5倍から10倍に水で薄めたエタノールをかけるのも効果的です。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る