畳の歴史「鎌倉・室町・安土桃山」編

鎌倉時代
鎌倉時代に入ると、床の間や違い棚など現代の和風建築の基礎となる様式が確立され、武士を中心に書院造(しょいんづくり)の 建築様式が生まれました。このころから室町時代にかけて書院造が完成されると、それまで部屋の周囲に敷き真ん中を残す使い方 だった畳は、部屋全体に敷き詰められるようになりました。それまで、ベッドのような寝具や、客をもてなす座布団のような座具 だった畳が、建物の床材になり始めました。
この時代の畳職人は「畳差」「畳刺」などと呼ばれていました。

●畳から布団が分化しました。
●武家屋敷に畳が敷き込まれるようになりました。


室町時代
この頃になると、部屋全体に畳が敷き詰められ、「座敷」と呼ばれるようになり、敷き方なども格式化されていきました。これが 後の桃山時代から江戸時代に草庵風茶室へと発達し、茶道の発展に伴って数奇屋風書院造に変化していきました。茶室の炉の位置 によって畳の敷き方が変わり、日本独特の正座が行われるようになったと言われています。正座も畳が部屋に敷き詰められるよう になったために生まれた座り方だったのです。この頃には畳縁の使用に制限が設けられ、縁の種類によって序列化し、座る人の地 位や身分などをより明確に示すようになりました。茶道においては貴人畳、客畳、点前畳、踏込み畳など、一畳一畳使い分けをす るほどとなっていました。また、この時代の畳職人は「畳大工」と呼ばれました。

●村田珠光が書院台子の式事を定めて珠光真の四畳半の茶室形式を始めました。
●小さい部屋割りが行われ畳の敷き詰めが定着しました。
●武野紹鴎の行の四畳半茶室。
●珠光真が四畳半茶室形式を始めました。
●綿布団が普及し、町屋農家にも畳の敷き詰めが広まりました。
●畳表の安定的成長期に入りました。
●大阪に畳屋町が出来ました。
●「海人藻芥」に身分・位階による畳縁の使用規定が記されました。


安土桃山時代
この時代から江戸時代にかけて茶道が発展します。書院造は茶道の発展によって茶室の工夫や手段を取り入れ、より簡素で茶人好みの数奇屋風書院造りが主流になってきます。畳は、茶室に欠かせないもので、わび・さびなどの思想の影響により、表面上の装飾の追究ではなく、質素でありながら内的に優れたもの、時間の経過に伴い備わったものに美意識を見出すなど、精神性の高い芸術品へと昇華していきました。茶室建築から畳はやがて町人の家に引き継がれていきます。この頃から町人の家にも徐々に畳が使われ始めます。茶室の炉の位置によって畳の敷き方が変わり、日本独特の正座が行われるようになったと言われています。正座も畳が部屋に敷き詰められるようになったために生まれた座り方だったのです。

●城郭の造営などの流行により畳屋町が形成されました。
●千利休による草の四畳半茶室。
●綿布団の普及により町や農村にも畳の敷き詰めが広まりました。
●畳業は安定成長期に入りました。
●安土城行幸の間に備後表が使用されました。
●茶道の隆盛で畳の様式化・定法化が進みました。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る