畳の歴史「縄文・弥生・古墳」編

縄文時代
●竪穴式住居に藁を敷いたあとが見つかりました。


弥生時代
北九州の甕棺埋葬にムシロが使用されていました。
藁を薦(こも)、筵(むしろ)、つかなみなどに加工して利用していました。


古墳時代
●高床式住居で敷物、筵(むしろ)、しとねとして使用していました。
●藁を薦(こも)、筵(むしろ)、つかなみなどに加工して利用していました。
●高床式住居では、敷物、筵(むしろ)などが使用されていました
●奈良の墓山古墳、岡山の金蔵山古墳で筵(むしろ)が使用されていました。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る