障子の掃除のコツ

障子の掃除のコツ
障子の材質は紙と木です。掃除の際には障子紙を誤って破いたりしないように注意が必要です。障子の桟の部分の気になる汚れを水拭きしようとした時に、障子を濡らさないように気をつけてくださいね。障子の汚れの多くは埃です。ハケやハタキを上手に使って埃を払い落とすようにしてください。払い落とした埃をホウキや掃除機で掃除すれば、日々のメンテナンスとしては充分です。
むしろ、障子本体よりも気を配りたいのが、溝状になっている敷居の部分です。埃が溜まりやすい形状の上に、そのままにしておくと固まった埃が黒ずみの原因となってしまいます。ホウキで埃をしっかりとかき出すか、この部分に掃除機をかける時は、ブラシが先端についた小さめの専用のノズルに取り替えて掃除をすると効果的です。その上で汚れは固く絞った雑巾で水拭きしておきましょう。障子の開け閉めに引っかかりがある時は、滑りが良くなるようにロウソクを塗るのが効果的です。
また、障子の張替えは、古い障子紙をはずし、はがして、桟をきれいに拭いた上で障子紙を仮止めしてノリをつけて、一気に障子紙を張ります。張り終えた後に余分な障子紙をきれいに切りとります。
このように障子の張替えは簡単ではなく大変な作業です。ですが、メンテナンスを怠って放置していると、汚れや日焼けで見た目が悪くなってしまいますので、季節の変わり目や大掃除の時に障子の張替えを行うことをオススメします。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る