網戸の掃除のコツ

網戸の掃除のコツ
網戸の掃除といえば、外して水洗いをしてとかなり手間がかかるイメージがあります。
日常のお手入れの他に、大掃除をするタイミングですが、年末の1回にまとめてすればよいと考えていると寒くて大変な場合もあります。できれば、台風が来る時期の前後の気候のよい時に一度大掛かりな掃除を済ませておくと、年間を通してきれいな状態をキープできるのではないでしょうか。
基本の作業として、ホコリをとり、洗剤で洗い、水拭きをして乾かすという工程があります。網戸を取り外して掃除できるのであれば、その方がすっきりと掃除ができます。
まずはホコリ取りですが、網戸を傷つけないようなやわらかなホウキを使って上から下へとブラッシングをします。網戸を外さないのであれば、外側を済ませた後、内側の順番でホコリを落とします。
掃除機を使う場合は、吸引力は弱にセットして網戸から離してください。吸引力が強い掃除機で押さえつけてしまうと、網戸の破損の原因となります。網戸がたるんでしまうと、張替えを急がなくてはいけませんのでお気をつけください。
網戸を取り外したタイミングで、古い歯ブラシなどを使ってサッシの汚れもおとしておきます。
そして洗う作業ですが、ゴム手袋の上に布製の軍手を二重にはめて、バケツに入れた住宅用洗剤を染み込ませて拭きます。力加減を調整するには、両手で網戸を挟んで拭くやり方をオススメします。この軍手を使って網部分を終えたら、サッシも一緒に掃除します。軍手の指先で掃除すると、大変便利です。
最後のすすぎ洗いも軍手を使います。仕上げは乾いた布で行い、そのまま干して乾かします。
その他は、日常の掃除の中でこまめに網戸のホコリ取りを行っておくと、部屋の中が新鮮な空気で、気持ちよく過ごすことができます。




畳《裏返し》畳《表替え》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る