襖の選び方

襖の選び方
快適な住まいを維持するために、襖や障子の張替や交換等のメンテナンスの時期が近づきましたら、メンテナンスと同時にイメージチェンジはいかがでしょうか。和室のリフォームを行うといいますと、大掛かりというイメージもあるかと思いますが、襖や障子の選び方を工夫するだけでも雰囲気は大きく変わります。和室において大きな面積を占めるのが襖です。襖紙の選び方次第で部屋全体の雰囲気を変えることも可能なインテリアの要となるポイントです。しかし、色や柄の選び方が分からないという声もよく聞きます。

襖のカラーを選ぶときのポイントですが、大きな冒険をしないのであれば壁・床の色味より一段うすいカラーにするとよいといわれています。壁になじませた配色にすると、部屋が広く感じられてまとまりがよくなるからです。一般的に部屋は上から下に順番に濃いカラーになっていくほうが、リラックスできる空間になるといわれています。

また、紅色・金色・黒・緑など、通常の洋室では使用しない色が、良い雰囲気できまってくるのが和室ですから、和の色使いを試してみるおもしろさもあります。和室の色を決めていく上で参考にしていただきたいのは着物です。好みのお着物をイメージしていただくと、色の組み合わせ等が具体的にみえてくるのではないでしょうか。また襖は扉としての位置づけというより、全体の中でアクセントパネルとしてコーディネートを考えると、楽しく自分好みのイメージができてきます。
意外に感じられるかもしれませんが、華やかな和の色というものがたくさんあります。それらは彩度の低い色が多いので、少し濃すぎると思う色でも実際の和室にしっくりと馴染んでくれるのです。和の色を使う時のポイントとしては、全体がぼんやりしたトーンにならないように反対色でアクセントをつけてメリハリをつけましょう。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る