和紙の原料

和紙の原料
薄くて強い性質を持つ、日本家屋の構成になくてはならない和紙について、その原料としてはやはり自然素材が使用されています。
楮、みつまた、雁皮の繊維がよく知られており、それぞれに特徴があります。これらは日本の山野に野生していたものや、山の傾斜地や畑の畔道などに栽培をして収穫をしていました。しかし、かつてより和紙消費量が少なくなるのと同時に、生産量も減少しています。
その他には、竹、桑、麻、藁、木材パルプなどさまざまな素材も用いられます。

「楮(こうぞ)」
コウゾは落葉低木です。よく似たカジノキとは厳密には異なります。
古くから和紙の材料として知られており、その語源においても「紙麻(かみそ)」ということばの音から、こうぞという言葉が誕生したという説があります。楮の皮の繊維は、長くて絡み合う性質が強いため、その紙は粘りが強くて丈夫な紙に仕上がります。

「みつまた」
みつまたは、その枝がすなわち三つに分かれる性質があるために「ミツマタ」と名付けられました。通常、本や雑誌などの紙はパルプから作られますが、日本の紙幣はみつまたやマニラ麻などに植物繊維を特殊加工した和紙が使用されています。日本の特産であるみつまたの繊維は柔軟性と光沢を併せ持ち、高級和紙の原料にもなっています。

「ガンピ」
(雁皮)はジンチョウゲ科ガンピ属の落葉低木です。別名はカミノキと言います。ガンピの名の由来は、カニヒという植物の古名からという説と、カミヒ(紙斐)が訛ったという説があります。
また、遣唐使と共に唐に渡った最澄が、紙において歴史のある中国にわざわざ土産として筑紫の斐紙(雁皮紙)を持参していたことから、その品質の良さが伺えます。
中世から近世にかけて、鳥の子紙の名で紙の王としてその名を知られています。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る