襖のお手入れ

襖のお手入れ
襖のシミ・カビはついたまま放置してしまった汚れから発生してしまいます。一日に何度も開け閉めをする引き手は、意外と汚れています。手垢汚れが気になるところですが、主に紙でできている襖をいきなり雑巾や洗剤でこすってしまうと傷んでしまいます。住宅用洗剤をつけた雑巾でやさしく拭くか、白くて柔らかいタイプの消しゴムでこすると簡単に汚れが落ちます。ものによっては防水スプレーをあらかじめ吹きかけておくのも効果的と言われています。
いずれにせよ、引き手のまわりは丹念にこまめに掃除することを心がけると、気持ちよく使っていただけることと思います。
しかし、経年劣化による黄ばみが気になる場合や広範囲に襖の汚れが広がってしまった時は、お早めに襖の張り替えをご検討ください。
また、襖の下にゴミや埃が溜まってしまうと、襖の滑りが悪くなります。埃をかき出して、固く絞った雑巾で拭きます。それでも襖の滑りが悪い時は、ロウソクを塗ったり、シリコンスプレーを吹きかけます。しかし、敷居滑りがひび割れたり剥がれたりと劣化している時は、この部分を交換するとスムーズに引っかかりなく開け閉めができます。




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る