畳の部屋で気をつけたい事(マナー編)
意外と犯してしまいがちな畳の部屋でのマナー。今回は、「座布団」と「目線」についてお話しします。
畳に部屋は座布団がつきものです。落ち着いて座るためにも必要ですし、部屋に入った時、どこに座っていいのかを明確にしてくれているもの座布団です。畳の部屋には座布団が必需品なのです。しかし、意外とこの座布団の使い方のマナーが知られていません。
洋間のクッションに慣れた事もあり、座布団もクッションと同じように扱われてしまっているのでしょう。座布団のマナー違反がとても多いです。例えば、座布団を平気で踏んでいる方はいませんか?意外と多くの人が知らず知らずのうちに犯しているマナーです。さらに、踏んで歩くのはもちろんですが、座布団に座っている状態から立ち上がるときも、座布団の上に足を置いてはいけないという事をご存知ですか?本来は、座布団から立ち上がる時、正座した状態からまず体を後ろにずらしてつま先を座布団から外し、畳につま先を立てて、座布団には膝をついて立ち上がるのが本来の立ち上がり方なのです。つま先でにじって座布団を傷めないようにするという、ものを大切にする日本人の心の現れです。大切にしたいマナーですね。

また、意外と知られていないのが和室での挨拶です。これも、座布団とクッション同様、洋間の生活に慣れてしまったため、西洋式のマナーと混同されてしまったのが間違いの原因ではないでしょうか。今では、畳の部屋でも普通に立って挨拶される場合が多いですが、本来は、和室での挨拶は原則として座って行うのが礼儀です。状況によって、立って挨拶をしなければならない時には、 さりげなく「失礼をお許し下さい」と一言述べるとスマートです。
なぜ立ったままでの挨拶がマナー違反なのかというと、日本の文化(これは、共通する他の文化も多いと思いますが)目線の高さが身分に反影するからです。つまり、目線の高い者が目上と言う訳です。立ったままでは、背の高い人が目上になってしまいます。 座る事で目線の高さが揃いますので、その状態で挨拶するという事です。それに伴って、襖の開け閉めも座って行うのが礼儀です。
例えば、目上の方が部屋で座っているのに、立って襖を開けたら、目上の方を見下ろすことになります。これでは、マナー違反ですね。そのため、お部屋の中にどなたが居ても無礼にならないように、襖は座って開閉するのです。日本人の心遣いの細やかさと奥ゆかしさの現れです。大切にしたいですね。











畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る