畳の縁を踏まない。日本人の細やかな心遣い。
「畳の縁は親の頭」など、例え方は様々ですが、畳の縁は「踏んではいけないもの」として躾けられた方が多いのではないでしょうか。では、なぜ畳の縁を踏んではいけないのでしょうか。こう尋ねられて、答えられる方は少ないのではないでしょうか。畳の縁を踏んではいけない理由をお話ししたいと思います。

このならわしは、茶道の世界から伝わるもので、茶道では躾事項のひとつになっています。その理由は諸説ありますが、最も有力な説は、格式を重んじる風習から来ているというものです。畳の縁は、素材をはじめ、色、柄それぞれ多種多様です。古来から身分を表し、時代が下るにつれて細分化・厳格化されて来たという歴史があります。中でも、格式を重んじる場合は家紋を入れる場合があります。これを「紋縁」と呼びます。今でも仏閣や武家屋敷など、歴史的な建物で見かける事が出来ます。つまり、紋縁を踏むということは、その家の象徴を踏んでいるのと同じで、無礼であるとされたのです。その心が、脈々と受け継がれ、例え紋縁でなくても畳の縁は踏まないものとされてきたという訳です。「畳の縁は親の頭。」というこのお話の最初のたとえは、説明として的を射ていると言えるでしょう。
その他にも、踏んではいけない理由として、畳の強度についての説があります。昔の畳は植物染めが大半を占め、また素材や作りも様々でそれほど丈夫でない畳も多く、摩擦などによる劣化は今より著しかったそうです。そんな畳の縁、つまり畳の端の方を繰り返し踏んでしまうと、畳の形が歪み、早く傷んでしまいます。そこで、畳はなるべく傷みにくい中心を踏むようにという、畳への心遣いが、「縁を踏まない」というところに結びついたという事です。
今では、紋縁を使う家も少なく、技術も進歩して畳も頑丈になりました。しかし、相手を尊重する姿勢や、ものを労わる心の現れである「縁を踏まない」という行為は生きています。こうした、日本人の粋な心の現れを守っていきたいですね。











畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



サイトマップ
>TOP  >充実のサービス  >メールフォームによるお問合せ 
>商品のご紹介
 >畳《裏返し》
 >畳《表替え》
 >畳《新調》
 >襖表替え
 >障子張替え
 >網戸張替え
 >リフォーム
>対応エリア
 >愛知県
 >岐阜県
 >三重県
 >静岡県
 >神奈川県
 >東京都
 >埼玉県
 >千葉県
 >茨城県
 >栃木県
 >群馬県
 >山梨県
>お客様の声
 >畳新調(お客様の声)
 >畳表替え(お客様の声)
 >畳裏返し(お客様の声)
 >襖表替え(お客様の声)
 >障子張替え(お客様の声)
 >網戸張替え(お客様の声)

>営業所紹介
 >名古屋営業所
 >三島営業所
 >厚木支店
 >千葉支店
 >埼玉支店
>会社案内
 >担当スタッフご紹介
 >よくある質問Q&A
 >会社概要
 >プライバシーポリシー

>企業様向け情報
 >アパートの大家様
 >工務店、企業の皆様
 >旅館・ホテルの皆様
 >棺敷畳(やすらぎ)
信頼と実績のお店 まごころ畳
 まごころ畳[本社]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町1 丁目18-11
 TEL:0532-69-2851(代)
 まごころ畳[本社工場]
 〒440-0026 愛知県豊橋市多米西町3 丁目1-15
 TEL:0532-69-2321(代)
 まごころ畳[名古屋営業所]
 〒452-0943 愛知県清須市新清洲2 丁目5-1-101
 TEL:052-401-2220(代)

 まごころ畳[三島営業所]
 〒411−0824 静岡県三島市長伏50-3
 TEL:055-984-3200(代)
 まごころ畳[厚木支店]
 〒243-0807 神奈川県厚木市金田90-1
 TEL:046-296-5100(代)
 まごころ畳[厚木第二工場]
 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1429
 TEL:046-245-6195(代)

 まごころ畳[千葉支店]
 〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町2丁目12-5
 TEL:043-214-3400(代)
 まごころ畳[埼玉支店]
 〒339-0078 埼玉県さいたま市岩槻区掛570-1
 TEL:048-812-7692(代)
 まごころ畳[埼玉第二工場]
 〒339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野4丁目1-8

Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る