【畳】
い草を織った畳表を、藁を重ねて麻糸で締めた畳床の上に縫い付けた床材。通常は両縁に縁をつける。
【畳表】
い草と麻糸で織ったござ。畳の表に縫い付ける。
【畳床】
畳の土台になる部分。藁を重ねて麻糸で締めたもの。現在では発泡スチロール、木質繊維・チップなどを用いた軽量で安価なものもある。
【畳縁】
畳の縁につける細長い布。畳の角や側面を保護する。布製やナイロン製のものがあり、柄も様々。
【縁無し畳】
畳に縁をつけず、全て畳表で覆ったもの。縁が無いのがその名の由来。代表的なものに琉球畳がある。
【藁床】
稲藁を原料として作られる、昔から使われている畳床。丈夫で耐久性があり、通気性・断熱性・弾力性・防音性にも優れている。
【藁サンド床】
発泡スチロールを藁で挟んだ畳床。丈夫だが高価な藁と、安価で軽い発泡スチロールとを組み合わせた畳床。
【双目畳表】
双目織りという、柔らかい仕上がりになる織り方でい草を織った畳表。
【琉球畳表】
断面が三角形という特徴を持つ琉球い草を使って織り上げた畳表。表面は通常の畳より荒い手触り。摩擦や折り曲げに強く、縁をつけなくても丈夫なため、縁無し畳に仕上げられることが多い。
【琉球畳】
畳表に琉球畳表を使用した正方形の畳。丈夫な特性を活かして、縁なし畳として仕上げることが多い。なお、琉球畳全てが縁なし畳という訳ではなく、琉球畳表を使った畳を、縁の有無に係らず、琉球畳と呼ぶ。
【染土】
畳の製作において、い草の日焼け止め・保湿のために行う「泥染め」という工程に用いる土。この染土で染めることで畳特有の香りが生まれる。
【泥染め】
畳の製作において、水に溶かした染土にい草をつけ込む作業のこと。畳独特の色合いを出したり、退色を防いだりする。また、この作業によって畳独特の香りが生まれる。
【置き畳】
部屋に敷き詰めるのではなく、必要な場所に置いて用いる畳。主にフローリングなどに並べて敷く。
【薄畳】
厚さが15 〜 30mm と薄く、段差を極力なくした畳。主にフローリングに並べて敷く。
【上敷き】
主にい草で織った敷物。構造は畳表とほぼ同じで、縁がついている。カーペットやラグのように床に敷く。
【坊主畳】
縁なし畳の別名。
【裏返し】
畳から畳表を剥がして裏返し、再使用すること。
【表替え】
畳の畳表を新しいものに取り替えること。
【畳替え】
畳そのものを全て新品に取り替えること。
【江戸間】
畳の寸法を指す言葉。五八間とも呼ぶ。五尺八寸× 二尺九寸が基準。主に静岡以北の関東で使用されるが、全国的にも使われる。
【京間】
主に西日本で使用されている建築の基準寸法。本間とも呼ぶ。長さ六尺三寸、幅三尺一寸五分を一畳とする。









>畳表 >畳床 >畳縁 >薄畳 >縁なし畳 >畳替え >畳コーナー >染土 >蘭草 >畳の寸法 >畳干し >新畳 >縁台畳 >畳のお手入れ >有職畳  >炉畳 >琉球畳 >床の間畳 >和紙畳 >置畳




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る