縁あり畳
私たちが最も目にする畳です。畳床、畳表、畳縁で構成されています。それぞれに使われる材料によって更に細かく分類されます。
近年では、世の中のバリアフリー化の流れを受けて、13 〜 18mm の薄い畳が増えてきました。


縁なし畳
縁のない畳です。縁のある畳より加工が難しいため、畳表は琉球畳表が使用されることが多い畳です。技術的に機械での製造ではなく、畳職人の手作業で製造される畳です。和室にとどまらず、フローリングに置くことができる置き畳みとして、需要も増加の傾向にあります。また、最近では和室でもこの縁なし畳を使用することが増えてきました。
畳が登場した頃は、貴人が畳縁のある畳、庶民が縁なし畳を使用していましたが、今では原料や技術面で価格を下げることが難しく、縁なし畳の方が逆に高級な畳として扱われています。


床の間
床の間には龍髭畳表という専用の畳表が使用されます。この表は、あらかじめ日に当ててきれいに焼けたい草を使います。その理由は、床の間に瓶や壷を置いて花を生けるため、新しい畳表を使うと、床の間に日が当たった時、瓶や壷が置かれた部分だけが焼け残ってしまい、色ムラがでてしまうからです。現在では畳床を使わず、畳表に畳縁をつけただけの薄縁と呼ばれるものが多く使われ、畳そのものはあまり使われないようです。


畳の構造
●四千本以上のい草から作られる畳表。
随所に長年培われてきた工夫があります。

畳表の材料のい草は多年生の植物で、熊本、広島、岡山、福岡、高知などを中心に栽培されています。
い草の苗の手植えは真冬にスタート。春、新芽の発育を促すために先刈りという、い草を45cmほどの長さに切り揃える作業を 経て、夏には1.5mほどに成長します。刈り取リ後、畳表の製作工程ではじめに行われるのが、泥染めの作業です。この工程を経て、 い草独特の色・ツヤ・香りが引き出されます。泥染めされたい草はいよいよ織機で畳表に編まれます。畳一帖分に使用されるい草は約4,000〜5,000本。高級なものでは7,000本ものい草が使われます。経糸は主に麻糸と錦糸で、高級品にはマニラ麻糸が 使われます。畳一帖分の長さの糸が130本以上も使われ、1時間ほどかけて編み上げられます。


畳を構成する3要素
畳は中の芯にあたる畳床、普段目にしている畳表、畳の縁の3つの要素からなります。
基本的には畳床には藁が使われ、構造とし ては、縦と横に並べて糸で締めて作られます。最近では藁以外の材質も使われるようになりました。畳表もい草だけではなく、パ ルプや化学繊維を使用したものもあります。畳縁は畳を保護する役割を担い、様々な模様や色が織り込まれていて部屋の雰囲気を 変えてくれます。




●畳床
畳床は基本的には藁が使用されますが、藁を使った畳床は最近、徐々に減少しつつあります。代わりに増えてきているのが、以下でも紹介している、新素材で出来た畳床です。
普段私たちの目には触れませんが、畳床は重要な機能を担っています。従来の畳床は稲藁を5cm まで圧縮して製造していましたが、 最近はコンクリート造など断熱性・気密性の高い住まいに合わせて、新しい素材の畳床が次々開発されています。高温多湿の風土のもとで密閉構造の住まいには断熱性や耐湿性の高い素材が求められます。現在、畳床の種類は以下のように大き く分けて3つあります。主に使われるのは断熱性と耐湿性に優れたポリスチレンフォームやインシュレーションボード。軽量で防 カビ・防虫の工夫が施され、自由設計にも対応できるというメリットもあります。これらの素材の特長を活かした藁を使わないタイプをはじめ、新素材と稲ワラの両方の長所を生かしたサンドウィッチタイプなどさまざまな畳床がJIS に基づいた品質基準のも とで生産されています。

稲藁畳床
昔から畳の床として使用されてきた素材 です。何層にも藁を重ねて製造します。 品質は藁そのものの質はもちろん、藁の 配列、藁の圧縮が均等であるかどうかに よって決まります。職人はそれを、藁が 縫われている感覚などから感じ取って品 質を高めていきます。30kgを越す藁をわずか5cmまで圧縮して製造しますので、長持ちする、柔軟性が高い、断熱性や保温効果が高い、湿気を吸放湿する能力が高いという様々なメリットを持ちます。このワラ床の畳は色々な畳床の中でも最も優れています。
稲藁サンドイッチ畳床
ポリスチレンフォームやインシュレーションボードなどを乾燥した稲藁で挟んだ畳床です。藁の畳床の特性を持っているのはもちろんのこと、軽くて保温性にたけています。ダニも発生しにくく手触りも稲藁畳床にかなり似ています。稲藁畳床に近い風合・感触を持ちながら、コストを抑え、更に稲藁畳床より軽いというメリットを持ちます。
建材畳床
インシュレーションボードを、細かく砕 いたチップを圧縮した素材で挟み込んだ 畳床です。軽い上にコストもかからず、 マンションやアパート等の高い建物によ く使われています。水を吸収しないので ダニも発生しません。断熱性もあるため、熱のエネルギーロスを抑えるためにコンクリート造のなどの建物で利用されることもあります。


●畳表
材料のい草を横に、麻の糸を縦糸にして織られています。等級はい草の種類によって分類されます。高級な畳には縦糸にマニラ麻の糸などが使用されます。使われるい草の量は畳1 畳で大体4000〜5000本程度で、さらに高級な畳になると7000本ものい草が使用されるものもあります。


●畳縁
畳縁は畳の長い辺につけられる布のことです。畳を補強するためにつけられていいます。畳に表情を与える柄や色も数千にものぼり、畳店で選ぶことができます。材質も錦や麻、絹や化学繊維など、様々なものがあり、柄が織り込まれたものと柄無しのものがあります。琉球畳にはこの畳縁がありません。















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る