株分け
夏の暑い時期、い草の株分けの作業が始まります。苗床からあげた苗の中から元気のいい苗のみを一株ずつ株分けして植え付けのための準備をします。


植え付け
選別した元気な苗を、寒くなってから植え付けます。普通植え付けは11月〜12月に行われます。


先刈り
年を越して、暖かくなってきたゴールデンウィークの頃、い草根元にも太陽の光が当たるようにするため、い草の先を刈り取ります。い草の新芽が出るのを促進する作業です。先刈りの後は、い草が倒れないように網をかけます。


収穫
育ちの良いい草を6月の中頃から1ヶ月ほどかけて順番に刈り取ります。


泥染め
あの畳独特の匂いと色ツヤは、この作業で決まります。ツヤを出すために天然染土でい草を染めます。


畳表
染め上がったい草で畳表を織っていきます。一枚一枚農家の人の手作業です。


仕上げ
畳職人の腕の見せ所です。機械ではなく、一枚一枚丁寧に手作業で畳を仕上げていきます。


できあがり
こうして出来上がった畳が、皆さんの生活の中で活躍しています。ぜひ大切に使って、長く楽しんで下さい。












>畳ができあがるまで >畳作りの工程 >畳作りの道具 >い草の泥染め >い草の効果 >畳糸 >畳針 >畳縁 >畳の目 >畳床の材料 >畳表の素材 >畳を縫う >い草の植付 >い草の乾燥 >い草を織る >畳の寸法 >畳の厚み >畳の言葉 >畳の名称 >い草の品種 >い草の準備 >い草栽培 >畳のメンテナンス >畳づくりの基本 >畳の防音効果 >畳の作り方 >新年と畳 >畳の原料い草 >い草の先刈り >畳包丁 >麻糸 >板入 >青麻 >畳と季節 >イグサの季節 >畳文化 >畳掃除 >畳の吸音性 >畳の特性 >畳と床座 >畳と白銀比 >畳の日 >畳と大掃除 >帖と畳 >畳替の季節




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る