なぜ違う?畳のサイズ
一言で「畳」と言っても、その規格(サイズ)は種類によって様々で、地域によって異なったりもします。
さらに、部屋の寸法によっても微妙に大きさが異なります。例えば「京間」と「団地間」とを比べると、同じ6畳間、8畳間であっても畳の規格が異なります。そうなると当然、両者のズレは畳の枚数が多くなるほど広がります。
具体的には
・京間の1畳分は、191.0cm × 95.5cm(6 尺3 寸×3 尺1 寸5 分)
・団地間の1畳分は、170.0cm × 85.0cm(5 尺6 寸×2 尺8 寸)
となっています。

このように地方によって畳の大きさは違います。京間と団地間を比べるとかなりの大きさの違いがお分かりになるかと思います。
どうしてこのような違いが生まれたのかには諸説様々ですが、有力な筋としては、畳を基準として部屋の大きさを考えるのか、それとも部屋の大きさを基準として畳を敷いたかの違いだそうです。以前関西では家の大きさは畳の大きさをもとに作られていました。それに対し関東では先に家を作り、作られた家の柱から柱の間を1 間として畳を作っていました。こうして畳の大きさに差が 出たといわれています。
さらにこの後、山陰地方では京の文化の影響を受けて六一間が生まれ、中部方面では三六間、そして、寸法の規格を統一した五六間など、次々と細分化しました。


地域別畳の寸法
地域別や畳が敷かれる場所によって畳の大きさは5種類に大別されます。
また、畳の長さは「寸」で表示されますが、現在ではわかりやすく「cm」で表す事も多いようです。

●京間・本間
大きさ: 6 尺3 寸×3 尺1 寸5 分(191cm×95.5cm)
主な地域: 京都をはじめ関西方面

●六一間
大きさ: 6 尺1 寸×3 尺5 分(185cm×92.5cm)
主な地域: 岡山、広島、山口などの山陰地方

●中京間(三六間)
大きさ: 6 尺×3 尺(182cm×91cm)
主な地域: 岐阜、名古屋をはじめ中京地方。岩手、山形、福島、北陸、沖縄の一部の地方。

●江戸間(五八間)
大きさ: 5 尺8 寸×2 尺9 寸(176cm×88cm)
主な地域: 東京をはじめ関東地方と全国各地。関東間、田舎間とも呼ばれます。

●団地間(五六間)
大きさ: 5 尺6 寸×2 尺8 寸(170cm×85cm)
主な地域: アパートやマンションなどの集合住宅


1尺は親指と人差し指を広げた長さ
現在広く認知されている単位としては、長さはメートル、重さはキログラム、秒はセカンドという、MKS単位系があります。
つまり、長さの単位で広く使われているのはメートルです。しかし、畳のサイズ(長さ)は今でこそメートル表示があるものの、職人たちの世界では尺貫法が今でも用いられています。尺は、長さの単位、貫は重さの単位で、両者は日本古来の単位系です。

尺と言う文字は象形文字で、掌を広げて長さを測ろうとしている動作を形に表したものです。指で長さを測るときの、あの「尺取り虫」の動きですね。もともと尺は掌を広げて親指から人差し指や中指の先までの長さを基準とした単位でした。そう言われると、何となくその動作から尺の字が出来たことが納得出来るのではないでしょうか。

畳職人が畳の採寸を行うときは、尺貫法を基準とした目盛りが刻んである専用の道具を使用します。これは畳尺と呼ばれるもので、 ベテランの職人は、畳尺の最小目盛りの10分の1まで読みとって総合的な調整を行います。


日本人の知恵が生きる畳のサイズ
様々なサイズのある畳ですが、どの規格にも言える共通点があります。それは畳の縦横比が、どの規格も2対1になっているということです。実はここにこそ、畳の形の利便性があるのです。例えば4畳半、そして6畳、8畳。こうしたそれぞれの部屋がしっかりと方形になるのは、畳がこの形をしているからです。この、2対1の比率でないと、少ない数枚でどう組み合わせても方形にはなりません。効率的な部屋割りを可能にする。これも日本人の知恵ですね。

また、畳一枚は、大人ひとりが寝ることができる大きさを基準としていると言われます。畳2枚分の大きさが土地の面積や建物の敷地を表す基本単位の「坪」と呼ばれています。この坪に関しては、土地の取引や資産価値を決める上で、重要な役割を果たしています。何平米と言われるより、何坪と説明された方が、その広さがピンとくるのは、日本人特有の感覚だと言えます。















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る