新しい家の畳の部屋に入ってまず感じるのは、すがすがしい畳の香り。ところが、いざ生活が始まってしまえば畳の存在はすぐに 当たり前になって、部屋の掃除はするものの、畳の張り替えなど、ほとんどしないのではないでしょうか。
長く畳のある家に暮らしていても、張り替えのことなど考えた事も無いという方も多いのではないでしょうか。しかし、畳はあく まで消耗品です。古くなって汚れてきたり、傷んできたり、適切なお手入れを怠れば、害虫の発生など、健康への悪影響も考えら れます。適切な時期で畳の張り替えを行う事で、せっかくの畳を長く、健康的に、気持ち良くお使いいただけます。ぜひ、畳の張替えの種類と適切な時期をご参考下さい。


<裏返し:目安は、3〜4 年>
畳表(表面の、い草のゴザの部分)を裏返しにして、今まで裏側だった新品部分を表に出すことです。縁(へり)の部分も新しくなります。新しい畳を使用してから3年〜4年くらいが目安です。もっとも手軽な張り替えの方法で、使用頻度の高いお部屋におすすめです。


<表替え:目安は、6〜7年>
新しい畳も6年〜7年ほど使用すると、表面が擦れてきて白っぽくなってきます。ひどい汚れや傷みは無くても、畳の光沢感がなくなってきたら、畳表を新しいものと取り替える「表替え」の時期です。畳床と呼ばれる畳の中心部分(芯)は再利用しますが、畳表と縁が新しくなるので、見た目は新品同様になります。い草の品質から使用されている量、織り方など、畳表の種類は高価なものから安いものまで様々です。縁との組み合わせを考えれば本当に無数のバリエーションが考えられます。お部屋の雰囲気もがらっと変わりますので、是非お気に入りの組み合わせを楽しんで決めてください。


<新畳:目安は15 年〜>
15年も経つと、日焼けによる変色や傷みもかなりすすんでいるのではないでしょうか。畳がふわふわと柔らかい踏みごこちになってしまっていたり、畳と畳の間にすき間ができていたら、畳床という畳の芯の部分が劣化しています。畳の持つせっかくの良い機能が低下しており、健康にもよくありません。この場合には、新しい畳への取り替えが必要です。新しい畳を入れたら、普段からお手入れを行いましょう。適切なお手入れで畳の寿命を伸ばすことが、張り替えの手間や費用の節約になります。なお、古い畳は廃棄物になります。処分方法などは、お住まいの自治体や畳業者にお問い合わせください。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る