畳の特徴「弾力性」。生活の安全・安心を守ります。
最近では、フローリングやカーペットの部屋が一般的で、どのハウスメーカーも、快適に暮らせるようなさまざまな機能をうたっていますし、「高気密」や「高断熱」などを売りとしています。暮らしの西洋化が顕著に反映されている現状で、和室はずいぶん減少してしまいました。
しかし、どんなに西洋風の住宅を選ぼうと、「和室や畳コーナーは、どこかに欲しいなあ」と感じている方は多いのではないのでしょ うか。実際に、建売住宅等では、和室が全くない物件よりも、一部屋は和室のある物件の方が人気が高いという話もあります。ま た、「和モダン」のように「和」を取り入れた生活がお洒落に紹介されるようになり、畳への注目も集まっています。

そんな畳の大きな特徴の一つに、「弾力性」があげられます。日本に住む方なら誰でも一度は、畳の上を歩いたことがあると思います。
靴を脱いで畳の上を歩いてみると、どんな感じがするでしょうか?廊下やフローリングとはどんな違いを感じるでしょうか。フロー リングは、夏熱くなっていたり冬には冷たかったり・・・というご経験もあるかと思いますが、畳はそこまで温度変化しません。
この点も大きな特徴ですが、今回取り上げるのは、畳が柔らかさもありながら弾力のある適度な固さを持っている点です。足の裏 に感じる、あの畳特有の弾力はどこから生まれるのでしょう。畳の構造を見てみますと、まず、い草で出来た畳表。い草は細くて長い繊維質の植物で、断面がスポンジ状になっっており、空気をたくさん含んでいます。それを編み込むことによって弾力を生んでいるのです。次に、さらに藁で出来ている芯材の畳床。40センチほどの厚さの藁を5センチほどまでに圧縮して作られています。これが、堅すぎず柔らかすぎない弾力の秘密です。ぎゅっと圧縮させて作ることで、この独特の弾力性や感触が生まれるのです。他の床材ではあまり見かけない、畳の特徴です。そして、この弾力が、日常生活の衝撃を吸収してくれます。転倒したとき等はなどはもちろん、歩くときの膝への負担、膝をついたときの衝撃など、特に小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭では、畳によって知らず知らずにケガや事故から守られているのです。 さらに、衝撃とともに、畳は音を吸収します。集合住宅に住む方にとって有効な機能ですし、戸建の一般住宅でも、生活時間帯の 違う二世帯住宅など、2 階で子供が騒いでいて、1 階で落ち着いて過ごせない・・・。なんてお話もよくあります。畳は、上の階 方の生活音が下の階に伝わるのを防いでくれます。
畳床は、藁で作られることが一般的でしたが、現在は藁の入手がだんだん困難になってきたこと、藁の畳床は重くて扱いにくいこと、ダニやカビが発生しやすいことなどから、藁に比べて割安で扱いやすい、チップ製の建材床や、発泡フォームを使った化学床などもあります。素材の違いによって、弾力性や防音性などの機能や効能などはさまざまです。畳本来が持つ、弾力性に優れたものから、抗菌性やファッション性に優れた畳もあります。今まで以上に選択の幅が広がってきていると言えます。畳の購入や張り替えの際には、是非畳床の素材による特性の違いも考慮に入れて、検討をしてみて下さい。
















>畳の敷き方  >茶室の畳の名前 >茶室の畳の思想




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る