畳の特徴「保湿性」。部屋の湿度調整をしています。
日本の住まいに欠かせない畳。畳の優れた特性は数々ありますが、その一つに「保湿性」があります。湿度の調節機能をもつ畳は 夏の高温多湿に合った床材で、日本固有のものです。日本家屋は木造建築で、窓や障子、襖といった建具は、風の通りを重視して、 全て開け放しが出来る構造になっています。それは、夏の暑さをどうしのぐかという事を基本にして作られているからです。です から、木造の家と畳は、とても相性が良く、理にかなった組み合わせなのです。
畳の原料であるい草は、細い繊維植物です。まるでスポンジのような構造をしていて、その細い見た目とは異なり、意外に多くの 空気を含んでいます。また、畳の芯材の藁床は40センチほどの厚さの藁を5センチほどまでに圧縮して作られています。い草も 藁も内部にたくさんの空気を含んでいるのです。この内部に含まれている空気は湿度を調整します。畳は呼吸をしているのです。 空気が乾燥していれば湿気を吐き出し、空気が湿っていれば、湿気を吸ってくれます。そのため、夏のジメジメや冬の乾燥を緩和 してくれるのです。
また、この畳の呼吸は、空気をきれいする作用も持っています。空気清浄機のフィルターと同様に、湿気を吸い込むときに吸い込 んだ空気を繊維でこしとり、奇麗な空気を吐き出してくれています。
このような機能をもつ床材は他には思い当たりません。高温多湿という日本の風土の中で、長い年月を経て人々が知恵と工夫を凝 らしてきた畳です。私たちの暮らしに合った様々な機能を持っているのも当然と言えるかもしれません。

具体的な畳の性能ですが、その湿度調整能力は、なんと、畳1枚で500cc。小型のペットボトル一本分もの水分を吸収すると言 われています。6 帖間なら、3 リットルの水を吸収できるという事です。湿度が高いときには空気中の湿気を吸収し、吸収された 水分は、今度は部屋の空気が乾燥しているときに、部屋の空気を潤すために放出されます。畳は、自然の除湿器であり、加湿器で あると言えるのです。さらに畳は、二酸化窒素など、体に悪影響を与える有害物質まで吸着するということが分かっています。畳 は自然の空気清浄機浄でもあるのです。

このように、日本の風土に根づいて育まれた畳は、日本の文化として重要だというだけでなく、科学的にもその価値が証明されて きています。フローリングの床もいいですが、畳ならではの良さもぜひ見つめ直していただきたいと思います。家族の健康のため にも、こまめなお掃除、メンテナンス、張り替えを心掛けて、畳を大切に永く利用していただけたらと思います。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る