畳床の交換の目安
畳は自然の素材で作られています。だからこそ、どうしても定期的なメンテナンスや交換は必要です。しかし、そうした適切なお手入れを行えば、長くきれいに使い続ける事が出来ます。それでもなお、なんにでも寿命はあります。今回は、畳の寿命についてご説明させていただけたらと思います。

畳にも寿命があります。しかし、畳が普通の消耗品と違うところは、普段のお手入れ次第で寿命が大きく変わるというところです。
畳のお手入れといえば、「裏返し」「表替え」「新畳」といった畳の張り替えですが、裏返しなら2〜3年で、表替えなら4〜5年、 畳床(畳の芯。ここが傷むと、畳は新調しなければなりません)は10年〜15年が目安と言われています。

畳の寿命をのばすための日常のメンテナンスとしては、一つには「天日干し」が上げられます。半年に一度くらい、晴れた日に畳の裏側を4〜5時間ほど太陽の日差しにあてて、布団を干すのと同じ要領で、叩いてホコリを取ります。天日干しで大切なポイントは、畳の表側の干し方にあります。畳表は陰干しにして下さい。畳表を日光に当ててしまうと日焼けをして、畳の光沢が失われ、変色を起こしてしまいます。一手間掛かりますが、表を干すときと裏を干すときは場所や時間を工夫して、それぞれ日光の当たる場、当たらない場所で干すようにして下さい。もし、家の外で干すのが難しい場合は、畳を少し上げて、床板と畳の間に台を置くなどして、畳の裏側に風が通るようにしてやるだけでも、湿気を逃がす効果が期待出来ます。畳の最大の敵は湿気です。畳を干して湿気を逃がすことで、畳自体の劣化を防げますし、アレルギーの原因であるカビやダニの退治や予防ができます。

こうしたメンテナンスを行えば、畳床の寿命を40年〜50年も伸ばすことができると言われています。最初に、「普段のお手入 れ次第で寿命が大きく変わる」と言いましたが、一般的に10〜15 年と言われる畳床が50 年使えるとすれば、本当に大きな差になってきます。メンテナンスをせずに10 年で畳床た傷んでしまうと、大事に50 年使っているお家と比べて5倍も畳を新調する必要があるという事です。

畳のメンテナンスの大切さはよくわかる。とはいえ、現実には、そう簡単に畳をメンテナンスし続けるのは大変かと思います。そこで、お手入れ以外のやり方で、畳の寿命を延ばす方法をお話しします。
それは、部屋の用途に合わせて適切な畳表を選ぶということです。たとえば、客間の畳の場合は厚みがあって目の詰まった上質の畳表を選びます。何故かというと、客間はどちらかというと消耗の少ないスペースで、居間のように毎日何度も人が出入りしたり、同じところに人が座り続けたり、食べ物をこぼしたり、汗がしみ込んだりすることが少ない部屋だと思います。でしたら、良質の畳表を使うことで、畳そのものが傷みにくいばかりでなく、日に当たって日焼けしたとしても、良質の畳ならではの奇麗な色に焼けていくため、見劣りがしません。返って、年数を経た畳の色は、和室に独特の風格を与えてくれます。これなら、この部屋の畳の張り替えは、通常の2〜3年毎でなく、4 〜 5 年毎にすることが出来ますし、畳自体の寿命ものばすことができるのです。

こうした工夫で畳床の寿命をのばし、長く気持ち良く畳をお使いいただければと思います。とはいえ、どんなに一生懸命お手入れをしても、畳の寿命には限りがあります。そのときはぜひ、畳の新調を楽しんで選んで下さい。その部屋のこれからの用途を想像しながら、畳表の種類や縁の柄を選ぶ作業は、きっと楽しい思い出になります。畳に愛着を感じていただければ、日常のメンテナ ンスさえも、楽しんでいただけるかと思います。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る