今、畳が注目されている理由
畳の風合いは好きなんだけれど、「値段が高い」「手入れが面倒」「ダニやカビが発生して、それがアレルギーの原因になる」などと、マイナスイメージを持っている方も多いと思います。実際、今住んでいらっしゃるご自宅のお部屋のうち、畳の部屋と洋間(フローリング等の板の間やカーペット)のどちらが多いでしょうか?現在の住宅は洋間の方が圧倒的に多いのではないかと思います。中には、「我が家に畳の部屋は一つもない」とおっしゃる方もいらっしゃると思います。

フローリングのコストの安さや手入れの簡単さに対して、畳はかなわないと思われがちですが、最近の畳は以前と比べ、格段に進化しています。また、畳が以前から持っていた特徴・特性が、最近改めて見つめ直され、注目され始めているのです。フローリングにはない畳の特性や機能性をもっと理解し、畳の良さを知っていただければ、きっと畳のお部屋を気に入っていただけると思います。

畳の特徴、それは『断熱性』と『保湿性』です。畳の原料であるい草は、細い繊維植物です。また、畳の芯材の藁床は40センチほどの厚さの藁を5センチほどまでに圧縮して作られています。い草も藁も内部にたくさんの空気を含んでいるのです。皆さんご存知の通り、空気は熱を伝えにくい性質を持っています。そのおかげで畳の部屋は、夏は暑くなりすぎず、冬は冷たくなりすぎないという、快適な状態を作ることができるのです。
さらに、その内部に含まれている空気は湿度も調整します。畳は呼吸をしているのです。空気が乾燥していれば湿気を吐き出し、空気が湿っていれば、湿気を吸ってくれます。そのため、夏のジメジメや冬の乾燥を緩和してくれるのです。このような機能をもつ床材は他には思い当たりません。高温多湿という日本の風土の中で、長い年月を経て人々が知恵と工夫を凝らしてきた畳です。
私たちの暮らしに合った様々な機能を持っているのも当然と言えるかもしれません。

このように、夏の冷房・除湿を節約出来、冬の暖房・加湿を節約出来るという事は、大変に「エコ」な床材だと言えます。今の時代に合った、注目すべきポイントです。畳は、慣れてしまえばあまり注目もされず、重いものを置かれたり、踏まれたり、酷使されている存在です。自然の素材で作られたものだからこそ、どうしても定期的なメンテナンスや交換は必要です。しかし、そうした適切なお手入れを行えば、十分にその機能を発揮してくれます。「断熱性」や「保湿性」は環境にも優しく、人の健康にも優しい上に、光熱費の節約にもなります。こうしたメリットを考慮して、ぜひ畳の良さを見直して、和室生活を楽んでみませんか。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る