畳が変色して、黄ばんでしまったら?
酢を使う方法があります。水3に対して酢1 の割合で混ぜたものをつけて雑巾を絞り、畳を拭いてください。長期間放っておいたものは手遅れの場合もありますが、「変色したな」と感じたときに対処すれば、少し色が戻ります。但し、新しい畳には行わないで下さい。返って変色させる可能性があります。また、基本的に畳は湿気を嫌いますので、雑巾はあくまで固く絞って下さい。


家具を置いていた場所が窪んで後が残ってしまいました。直せますか?
熱いお湯で絞った雑巾を家具の跡にのせてアイロンを掛け、その後風を当ててしっかり水分を乾かして下さい。いくらか改善すると思います。畳を長く綺麗に使っていただくためには、最初家具を置くときに、固くて薄い板などを下に敷いておくなどして、一カ所に重さが掛からないように工夫して下さい。跡がつきにくくなります。


畳の青さを長持ちさせたいのですが、絨毯などを敷いて使って良いでしょうか?
畳は呼吸しています。絨毯などを畳の上に敷いてしまうと、い草の呼吸をとめてしまうので、畳が返って早く傷んでしまいます。掃除も行き届かなくなってしまうので、ダニやカビの原因にもなります。せっかくの新しい畳の香りと感触です。上に何か敷いてしまったりせず、新しい畳の良さを存分に味わって下さい。畳は、清潔に保って使い込んでいただく事でツヤも出て、その良さが引き出されます。


畳にダニが!どうしたらいいですか?
畳干しをするとダニ退治ができます。年に1、2回行っていただくと効果的です。また、普段のお手入れとして、掃除機をこまめにかけてダニやダニのえさになるものを取り除いてください。それから、室内の換気をして湿気をこもらせないようにしましょう。
それでも気になるようでしたら、畳屋さんに相談することをお勧めします。防虫加工の施された畳の利用や、防虫施工など、様々な角度から相談にものってもらえると思います。




















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る