畳の表側を張替える「表替え」
畳の張替えの方法には何種類かありますが、そのなかの「表替え」についてご説明します。
畳は、畳床という藁等で出来た厚さ5 センチほどの芯に、畳表というい草で編んだゴザを張り、縁を縫い付けて作られています。 「表替え」とは、中心の畳床はそのまま利用して、畳表を取り替え、新しい縁を付けて再び使えるようにする事を言います。畳も 長い間使用していると、日焼けによって変色したり、すり切れてきたり、汚れやシミがついてしまいます。畳の張り替えをするこ とによって、畳本来の色がよみがえり、お部屋全体が明るくなり、独特の畳の香りも復活します。

畳替えで取り替える畳表は、い草で作られています。このい草の香りにはリラックス効果に加え、気分を静める鎮静効果や、森林 浴効果があると言われています。畳の部屋に入ると何故か落ち着くのは、そのせいなんですね。また、私たち日本人が畳を使い始 めたのはなんと平安・室町時代。そんな昔から畳に慣れ親しんできていることも、「畳が落ちつく」原因かもしれません。畳を取 り替えたいと思ったとき、まずは、畳表を新しいものに取り替える「表替え」をおすすめします。

表替えの目安は、使用してから3年〜5年と言われています。とはいえこれはあくまで目安で、最初に購入した畳が上質のもので したら10年くらい使用していて大丈夫な場合もあります。質のいい畳は値段も高くなりますが、それだけ耐久性も増しますので 長持ちします。ちなみに、一般的に良いと言われる畳表は、丈の長いい草が使われています。丈が長いと、質の良い真ん中の部分 を多く使うことができるので、畳の目を揃い、美しい仕上がりになります。質感や見た目も等級によってかなり違ってきますので、 畳を選ぶ際は、ぜひ実物をご覧になって決めることおすすめします。
また一方で、小さなお子さんがいたり、人の出入りが多いお部屋などでは、2 年ほどで張り替え時という場合もあります。そこで 例えば、最初から消耗が早いと分かっている部屋は安い畳を使っておいて、2年毎に張り替えるという工夫も出来ます。いつも新 しい畳の香りを楽しみたいという方は、こうした工夫で、定期的な張り替えをご検討下さい。畳の張り替えは、お部屋の印象を明 るくするだけでなく、住んでいる人の気分も一新します。家を建ててから、あるいは引越をしてからまだ表替えをしたことがない という方は、ぜひお試し下さい。



















畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る