日本人と畳の関係
最近では、新築はコストの安いフローリングの部屋が一般的で、どのメーカーも、快適に暮らせるようなさまざまな機能をうたっ ていますし、「高気密」や「高断熱」などを売りとしています。暮らしの西洋化が顕著に反映されている現状で、和室はずいぶん 減少してしまいました。

しかし、どんなに西洋風の住宅を選ぼうと、「和室や畳コーナーは、どこかに欲しいなあ」と感じている方は多いのではないのでしょ うか。実際に、建売住宅等では、和室が全くない物件よりも、一部屋は和室のある物件の方が人気が高いという話もあります。私 たちは何故か、畳の部屋にホッとします。それはもしかしたら、私たち日本人に、畳を好むDNA が組みこまれているのかもしれ ません。いくら暮らしが洋式化しても、私たちの暮らしには畳が欠かせないのではないでしょうか。

畳は、慣れてしまえばあまり注目もされず、重いものを置かれたり、踏まれたり、酷使されている存在です。そして、自然の素材 で作られたものだからこそ、どうしても定期的なメンテナンスや交換は必要です。しかし、そうした適切なお手入れを行えば、「断 熱性」や「保湿性」といった畳独特の機能を発揮してくれます。「断熱性」や「保湿性」は環境にも優しく、人の健康にも優しい上に、 光熱費の節約にもなります。だからこそ、ランニングコストは抑えて、いつまでもキレイに快適に使いたいものです。そのために は、新しい畳を入れたら、日常のお掃除や畳干しや張り替えなどのメンテナンスを適切に行うことです。そうすれば、畳の寿命も 延び、気持ちよく使い続けることができます。

湿度の調節機能をもつ畳は夏の高温多湿に合った床材で、日本固有のものです。日本家屋は木造建築で、窓や障子、襖といった建 具は、風の通りを重視して、全て開け放しが出来る構造になっています。それは、夏の暑さをどうしのぐかという事を基本にして 作られているからです。ですから、木造の家と畳は、とても相性が良く、理にかなった組み合わせなのです。
そして、日本家屋の主な材料は木材、紙、土などの自然素材。その土地にあるものを利用して作られてきました。もちろん、畳も そうです。そして、こうした家や建具類は、古くなったり壊れたからといって、簡単に捨てられはしません。そのまま再利用出来 るものはもちろん、修理出来るものは修理し、壊れたものでもばらして素材として再度使いました。こうして修理・保全を繰り返 して何十年、何百年と家に住んできたのです。
それぞれの季節を快適に過ごすため、知恵も絞りました。夏は窓や襖を開け放すだけでなく、すだれを使ったり打ち水をしたりし て涼をとりました。冬はいろりや火鉢を使って暖をとりました。これも、今のように高気密ではなく、通気性のある自然素材の家 だからこそ、一酸化炭素中毒などになることもありません。昔の人々の知恵に感心するばかりです。高性能・高機能をうたう最新 の住宅で、自宅の家の中の環境しか考えず、季節感も感じられない生活をしていながら、「エコだ、エコだ」と騒ぐのは、どこか チグハグな印象を受けます。現代人が学ぶべきは、ずっとこの日本に住み続けてきた私たちのご先祖さまの智恵ではないでしょう か。そんな昔の人の智恵を体現している畳は、なくしてはならない日本の文化だと思います。

最新、古民家を移築して再利用したり、古い長屋にわざわざ住む若者たちなど、昔ながらの日本家屋が改めて見直されはじめてい るのを感じます。少しの間、畳離れしていた日本人ですが、やはり返っていくところは和室、畳なのではないでしょうか。住宅の 西洋化が進んだ事で、改めて日本建築の良さ、畳の良さが再確認されたと言えるのかもしれません。












>押入れ・収納 >収納のコツ




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る