畳を長く美しく使い続けるために
新しい畳は気分も一新で気持ちがいいものです。せっかく新調した畳を長く気持ちよく使うためには、普段のお手入れが大切です。
そこで、畳に合ったお手入れやお掃除方法をこれからご紹介させていただきます。ぜひご参考にご活用下さい。
日常生活のなかに、こうした掃除やお手入れを組み込み、ちょっと畳のことを気にかけてあげるだけで、畳の寿命がグンと伸びてより永く楽しめるだけでなく、健康のためにもいい、いつも清潔で気持ちのよい畳生活を送ることができますね。


●お手入れの注意点(雑巾掛け)
皆さん、よくやってしまうのが、ぬれた雑巾で拭いてしまうことです。ぬれた雑巾で拭いてしまうと、畳特有のツヤ感である光沢 が損なわれしまいます。雑巾がけをする場合は、水拭きではなく、必ず乾拭きでしましょう。湿気は畳の大敵です。基本的には、 掃除機と乾拭きだけで充分ですのでお気をつけ下さい。


●お手入れの注意点(掃除機掛け)
普段は掃除機を使って畳を掃除する方が多いのではないでしょうか。そのときのポイントは、「必ず畳の目に沿って掃除機をかける」 ということです。そうすると、畳の目に詰まっているホコリや隠れているダニも吸い取りやすく、キレイになります。
また、掃除機を早く動かすよりも、「ゆっくりやさしくかける」ほうが、ホコリやダニを吸い取る事が出来ます。


●お手入れの注意点(湿気対策)
湿度は畳の大敵です。湿度が高いと、畳の芯の部分など畳自体が悪くなってしまいます。畳を干すことはそう頻繁にできませんが、
晴れている日は、部屋に風を通すために窓を開けて、湿度がこもらないようにしましょう。


●お手入れの注意点(ひどい汚れ)
汚れがひどい場合は、水で薄めた酢を使って拭くと、きれいになります。畳の縁( ヘリ) を掃除するときは、歯ブラシ等に中性洗 剤をつけて、叩くようにして汚れを拭き取ります。 日当りの悪い部屋や北向きの部屋のように湿気がたまりやすい部屋や、梅雨の季節などは、カビの発生にも気をつけましょう。普 段から風通しをよくするなどのお手入れは欠かせませんが、もし、それでもカビが発生してしまったら、畳の目に合わせてブラシ をかけて、見えるカビを取り除きます。そのあと、防カビ剤や消毒アルコールを含ませた布で拭いておけば、予防にもなり万全です。
また、もしうっかりタバコなどで焼け焦げを付けてしまい、その跡が気になる場合は、歯ブラシなどを使って畳の目に合わせてこ すってみましょう。焦げて黒くなったところが薄くなり目立たなくなります。また、焼け焦げが「い草」数本分ほどの大きさなら、 千枚通しなどで「い草」を引き抜き、できたスキ間を両側から寄せれば、ほとんど目立たなくなります。ただし、この対処法が出 来るのは、縦糸が切れていない場合に限ります。


●お手入れの注意点(天日干し)
できることなら、年に1〜2回は畳を天日干しにしたいものです。今の住宅事情からは難しいと思いますが、乾燥させ、カビやダ ニの発生を予防するのに、陽の日差しはとても有効な手段です。普段、畳があることが当たり前すぎて、気にする事はありません が、いざ、畳が傷んできて、張り替えが必要になると、「日ごろできるケアをしておけばよかった・・・。」と、きっと思います。
天日干しによって、ある程度は畳の張り替えの時期を延ばしてあげられます。ぜひ一度取り組んでみてください。


●使用上の注意点(家具やピアノの配置)
ピアノやテーブルなど、足があって重さがあるものは出来るだけ畳の上に置かないようにしましょう。足の跡がへこんでしまい、 跡がついてしまいます。やむを得ず置く場合には、板を挟むなどして重さを分散し、細い足が直接、畳の上に置かないようにしま しょう。












>畳が雨に濡れてしまった時




畳《裏返し》畳《表替え》畳《新調》襖 張替え障子 張替え網戸 張替え
リフォーム
クーポン



まごころ畳
Copyright(C)2015 MagokoroTatami. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る